「四人の署名」感想と考察。前作より巧妙な感じのあらすじ、恋愛の要素

いろいろとキャラが確立してきた感じのホームズ

 シャーロック・ホームズのシリーズ二作目。

 一作目の緋色の研究事件以来、なかなか、推理しがいのある面白い事件がなかったようであるホームズ。
「緋色の研究」感想と考察。シャーロック・ホームズの最初の伝記 この話は、コカインやモルヒネといった、本来は医療目的にしか使えない薬を、退屈をなんとかするために使いまくってる彼に、医者として真剣に心配するワトソンというシーンから始まる。

 しかしよくよく考えてみると、おそらくこの時代においても迷宮入りした歴史の中の謎の事件というのは結構あったはず。
そしてホームズは、過去に起きた様々な事件のマニアでもある。
確かに、完全な過去の事件においては、彼の得意技というか、その優れた観察能力を役立てることは難しいかもしれない。
しかし、そのような昔の難事件に挑戦したりすれば、彼が言うような知的な刺激を普通に味わえるのでなかろうか。

 また、これより短くまとめられている話ではあるが、同じようにホームズ自身が明らかに楽しんでいるような怪事件が、後にもかなり起こっている。

 それと今回の話で、ホームズは変装が得意というのが明らかになる。
この特技は後のシリーズでも、結構披露している。

片足が義足の謎の男。隠された財宝

 一作目と比べると、事件自体の怪奇性や演出はパワーアップしているように思う。
ただし、真相へのロジック(道筋)、動機の作り込みに関しては少し落ちるか。

 今回の事件は、単に殺人だけでなく、不可思議な要素がいくつか描かれる。
10年前に父が行方不明となった女性に、毎年、何者かから送られてくる真珠。
片足が義足の何者かを恐れていた男と、彼がどこかに隠したという財宝。
そして、謎の人物四人による署名。

 動機の点に関しては、カルト的な集団心理の恐怖とか、正義を信じたやり方とかを混ぜた前作に比べると、少し平凡的になっている。
あくまでも前作と比べたらの話だが。 

前作に関するホームズの批評

 これも序盤。
ホームズ自身が、ワトソンが書いたという設定の前作、「緋色の研究」に関して、否定的な批評をしている。

 ホームズとしては、探偵としての仕事はある種の科学で、感情的な要素をそこに入れてはならない。
ワトソンはしかし、余分なロマンティシズムをそこに入れすぎだと言う。

 ホームズ曰く、ワトソンが書くべきことは、事件の内容と、いかにしてホームズがそれを解決したかのみだったらしい。

「実際にロマンスがあった」とするワトソンに対し、ホームズが「だが、事実を扱うからこそ、いくらか余分な事実の切り捨ても必要なものだ」というように返すのが、ちょっと印象的。

 ただ後の話で、ホームズ自身が筆をとることになった際には、ワトソンが多少、話を脚色したがる気持ちもわかる、みたいなことを書いたりもしている。

 ところでホームズは、ワトソンの行いは、ユークリッドの第5定理に恋物語を持ち込んだようなものだと表現している。
幾何学なぜ数学を学ぶのか?「エウクレイデスと原論の謎」平行線問題「第五公準、平行線問題とは何だったのか」なぜ証明出来なかったのか 今回の話においては、実際に恋愛の要素が、他のシリーズ作品と比べても明らかに強い。

ワトソン君のロマンス

 ワトソン君の恋が描かれている。
天使の恋愛人はなぜ恋をするのか?「恋愛の心理学」 ホームズは、大昔の文学に関してはそんなに明るくないが、少し昔くらいの文学は結構嗜んでいるようで、何度かヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe。1749~1832)の名をだすが、この恋の描かれ方は少しゲーテっぽい。
話の構成はともかく、想いの表現とかが。

 あるいは構成などは、「十二夜(Twelfth Night, or What You Will)」とか、「お気に召すまま(As You Like It)」みたいな、シェイクスピアの喜劇作品ぽい感じもある。
ちょっと影響を受けているか、そういう感じを目指していたのかもしれない。
特にドイルは、シェイクスピアが国民的な大作家扱いである、イギリス人であるのだし。
そういうわけで、むしろああいうのが好きな人は、この作品のロマンスも結構好きになれるかと思う。

 最後にはホームズが、恋について語るシーンもある。
その時の、「自分が最も尊重する理性というのは、そういう感情とは最も相性が悪い」というようなセリフは、実は恋愛と同じくらい多くの人を悩ませてきた問題についての語りでもあると思う。

その他、印象的なこと

懐中時計は誰のものか

 ワトソンが、日常の中で使われる品物から、それを所有する者の個性を推理することも、優れた観察者なら可能だという、ホームズの理論を確かめてみたい、と提案した時。
「喜んで受けよう。これでコカインの2本目をやらなくてすむよ」などと自信満々のホームズ。
一方で、絶対に解けない問題として、最近手に入れた懐中時計の前の持ち主が何者だったのかについてを尋ねるワトソンが、なんか微笑ましい。

 そして自信満々ではさすがにないが、その持ち主について、いくつかのことを言い当てたホームズ。
「当てずっぽうじゃないのか?」と聞くワトソンに、「僕はそんなことはしたことがない。適当な推測は理論的能力を破壊する」というホームズ。
これは地味に興味深いことかもしれない。

 ホームズは、自分の探偵の方法は科学的方法だとしているし、明らかにそういうふうに描かれている。
しかし歴史上の中でも優れた科学者は、まさしくあてずっぽうな推論から、新たな発見をしたりしている。
ホームズのいう当てずっぽうをしないとは、全く根拠がないことを、そうかもしれないというふうに考えたりしないということだろうか。
あるいは、そういう無茶な推測はするが、確信を持つまでは、それを自分の思考の外側には出さないということだろうか。

ボクサー、犬飼い、少年たち

 いくらかホームズの、ワトソンと出会う以前の活動記録が見える。

 つまりは、けっこう強いアマチュアとして挑戦したボクサーや、やたらと犬を飼っている謎の爺さんの知り合いとかが登場したりする。

 また前作と同じように、小遣いで雇ったストリートチルドレンの手下たちを情報収集に使う。
大勢でホームズの所に押しかけてきた時に、次からはリーダーが一人で来いと指示するホームズがなんか面白い。

 それに加え、「他にも、僕の持ってるだけのコネを使って、打てる手は打った」というようなホームズのセリフがあるが、どのようなコネなのか、ちょっと気になるところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA