「緋色の研究」感想と考察。シャーロック・ホームズの最初の伝記

ホームズとワトソンの出会いから始まる第一作

 フィクションの名探偵としてあまりに名高い、シャーロック・ホームズのシリーズの、1887年に発表された、記念すべき第一弾。

 それほど長くなく、気軽に読める作品ではあるが、けっこう演出やら、事件の内容やらにこっている部分もあると思う。
もちろん良きパートナーとなる、ホームズとワトソンの出会いもここに描かれている。

 他に、案外なかなか濃いキャラな二人の刑事、レストレードとグレグスンも登場する。
ホームズが予言する通り、この二人が手柄を持っていく流れはけっこう物語的。

 手下というか、情報収集のためのエージェント的な感じで、ストリートチルドレンの少年たちを、小遣いで雇ったりしてるホームズの図もなかなか印象的。

 また、動機というか、犯人が殺人を決意したきっかけから、それを実行するまでの話がけっこう丁寧に描かれている。
ここは大筋とそれほど関係しているわけではない部分もあるが、解答の前にこの話を挟むからこそ、ホームズがいかにしてその犯人にたどり着いたのか、その過程に関して、面白さが増すのだと思う。

 ところで、末日聖徒まつじつせいとイエス・キリスト教会(The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints)、いわゆるモルモン教と呼ばれるキリスト教の一派が、けっこう悪く描かれているが、これは当時からして大丈夫だったのだろうか?

名探偵の人物像

 この物語の序盤。
語り部であるワトソンは、共通の知人を通して、ホームズと出会う。

 ワトソンは手頃な下宿先を探していて、ホームズを紹介される。
彼はいい部屋を見つけたが、一人で使うには負担が大きく、家賃を半分持ってくれるルームメイトを探していたわけである。

 ホームズといえば、初対面の相手の様々な情報を即座に見抜く、優れた観察力と推理力が有名だが、ワトソンに関しても、アフガニスタンで軍人をしていた経歴をすぐに見抜いてしまう。
それに加え、事前に聞かされていた以上に、どこか変な感じのホームズに、ワトソンは興味を抱く。
ホームズにはなんとモデルがいるらしいが、「人間こそ真に興味深い」というワトソンのセリフは、ドイル自身の素直な気持ちであろうか。

科学の方法論、知識をどんなふうに持つか

 ドイルは幅広い興味関心を持っているのだろうが、ホームズの思考法というか、考え方は、 彼の理想であろうか。
単に彼にとっての賢い人のイメージという可能性もあるか。

 ホームズは医学、法律、化学などに関しては、結構詳しい面もあるのに、一方で天文学とか政治とかはまったく知らない。
「人間の頭脳ってのはもともと空っぽの物置部屋みたいなものだが、愚かな奴は手当たり次第にガラクタばかり放り込んで、役に立つ知識ははみ出してしまう。はみ出さなくたって、ごちゃ混ぜになってたら、いざって時に取り出しにくいだろ」
ホームズはとにかく、自分に役に立つ知識だけを覚えておくのが最も理想。
なぜならこの世界に知識が溢れまくっているから、というふうに言う。

 しかし上記の話は、ホームズ自身にとっても理想にすぎないのかもしれない。
後の話で、彼は様々な、自分に役立ちそうな記録の自作辞書的なのを用意していたりする。
「シャーロック・ホームズの冒険」感想と考察。いくつか初期の傑作  わりと興味深いのは、ホームズが地動説や太陽系の組織についても知らないことに驚愕するワトソン。
彼は、「19世紀の教養ある人物で、地球が太陽の周囲を公転しているという事実を知らない者がいるなんて」というふうに驚くわけだが、 もうこの時代になってくるとこれらの事実は、本当に常識と言えるようなものだったのだろうか。
太陽系「地動説の証明」なぜコペルニクスか、天動説だったか。科学最大の勝利の歴史太陽系「太陽と太陽系の惑星」特徴。現象。地球との関わり。生命体の可能性  また、太陽系の知識なんてどうでもいいからさっさと忘れなくては、などと言ったホームズに対し、「しかし太陽系の知識くらいは」と言ったワトソンに対し、それに切り返したホームズの言葉は妙にかっこいい。
「そんなものが何になるか。地球が太陽の周囲を回ってる、なるほど大したもんだね。だけど例え地球が月の周囲を回転しているとしても、それで僕の生き方が変わるわけじゃない」
もちろんこれは物理的な話ではなく、精神的な話であろう。

 ワトソンの「太陽系の知識くらい」というセリフの意図もなかなか気になるところである。
それは、太陽系の知識なんてちょっとしたものなんだから別にさほど邪魔にもならないだろう、という意味だったのか、あるいは、そのくらいの常識は最低限知っておくべきだ的なものだったのか(注釈)
ドイル自身は、後にけっこう超常現象的な話に強い興味を持ち、そして今は、わりと騙されやすかった人みたいな感じで言われているのも、また興味深いか。

 それとホームズは、ヴァイオリンがすごくうまく、音楽の知識も結構あるというふうに描かれているが、これは彼にとって、どの程度いる知識なのだろうか。

 なんにしても、ホームズの知識の扱い方、思考法、方法論は、わりと科学的なテクニックというような感じで描かれているように思う。
ただうまく、自分という存在をコントロールしている、アマチュア学者的な探偵というか。

(注釈)常識という捉え方の危険性

 常識を知っておくべきというのは、なるほど、確かに普通の社会を生きる上ではけっこうなことである。
しかしまた常識として覚えるということにも、少し危険性がなくもないかもしれない。

 太陽系の知識にしたって、地球が太陽の周りを回っていて、月が地球の周りを回っているということを知らない人は、おそらくこの小説が書かれた時以上に、現在は常識である。
だが今も昔も、そのことを知っている人の中で、そのことの原因とも言える万有引力の定理について理解している人がどれくらいいるだろうか(この小説が書かれた当時は、当然、一般相対性理論など知られていない)。
時空の歪み「特殊相対性理論と一般相対性理論」違いあう感覚で成り立つ宇宙  ここでいう理解は、それに使われる数式の理解という意味ではない。
理解する、という言葉は個人的にはかなり柔軟だと思っている。
つまり、万有引力の定理について言うなら、質量が発生させる力と、 それによってなぜ星が星の周りを回ったりすることになるのかということを、自分の言葉で説明し、自分の言葉で理解させられるなら、それで理解していると言えると思う。
そういうのは「わかった気になっているだけ」みたいな世迷言もあるが、それを言うならそもそも物事のすべては、勝手に定義して、勝手にわかった気になっていることにすぎない。
我々が持っているすべての知識は、誰かがそう定義したものにすぎないわけである。
自然数「数を数えること」自然数とは何か。その時、我々は何をしているのか  ただこの定義という方法が、我々の知らない本当の世界で真に実用的なのかどうかは、未だ神のみぞ知ることである。
宇宙プログラム「宇宙プログラム説」量子コンピュータのシミュレーションの可能性  そして、物事の原理を知らずに、ただ常識だからと表面上の話だけを理解するのは特に危険かもしれない。
太陽の周りを地球が回っているのはほとんど誰でも知っているような話かもしれないが、ほとんど誰も実際にそれを自分の目で見たこともないだろう。
もしかしたら極端な話、自分以外の全ての人間は嘘つきで、自分のことを騙している可能性もなくはない。

 世の中には詐欺師という連中がいるが、それはすごく簡単なことに騙されてしまう人がいるからこそのお仕事である。
実際に自分が、確たる証拠というか、なぜそうなのかという原理を知っているわけでもないのに、そういうものなんだと常識として信じ込まされてしまうことが、騙されるシナリオの始まりかもしれない。
ただ騙されるだけならいいが、そこに金の支払いとか、恋愛みたいな俗的なものが現れてくると、懐疑的精神を多少は持つべきでなかろうか。
「インチキ占い師、霊媒師の手口」予言のテクニックはどういうものか

怪奇的な事件、芸術的な表現

 この話における緋色の研究事件は、後にもわりと怪奇的だったとか言われたりする事件である。
「緋色の研究(A Study in Scarlet)」というのは起きた事件に関して、ホームズが勝手に名づけたものである。

 原題のStudyというのは、研究でもよいが、美術分野における「習作(練習作品)」の意味もあるそうである。
そしてホームズは、「いささか芸術的な表現」とか言っているので、おそらく本来の意味的には、「緋色の習作」という説がある。
ただ個人的には、芸術の訓練だって、ある種の研究と言えると思うから、別に研究で問題なような気がする。
むしろ習作という ストレートな表現よりも、研究という遠回しの表現の方が、物語のタイトルとしては優れているようにすら思う。

 事件自体は、空き家に、それほど外傷はないが死んでしまった遺体が発見され、そこにはRACHE(復讐)という謎のメッセージが残されていたというもの。
さらに続いて、第一の被害者の関係者と思われる、また別の人が、今度は大量の血を流した遺体として発見され、やはりその体の上にRACHE(復讐)と書かれていたという具合である。

 ホームズシリーズにはそういうのが多いような気がするが、何人かはっきりとした容疑者を出して、その中のいったい誰が? というような感じでなく、ただある事件があって、その事件の真相を純粋に解き明かすというような構成となっている。
ここには、誰が犯人か、というわけではなく、どのような人物が犯人か、ということを考える楽しみもあると思う。

唐突な過去編問題

 丁寧に犯人の動機が描かれていると書いたが、その過去編がものすごく唐突に始まるから、わりと混乱する人もいるかもしれない。

 これは、ワトソンが後で、いろいろな手がかりなどから推測して書いてみた、再現文章とかいう設定でもよかったんじゃないかと思わなくもない。
まあ、犯人がこの過去の話を、ほとんどホームズたちに語らないということにこそ、物語的な面白さがあるのかもしれないが。

 ただ、ホームズの小説は基本的に、ワトソン君が彼の活躍を記録として書いているという設定なのだから、そう考えると、この過去編に関してワトソンが関係していないというのは、少し妙な感じか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA