「夏への扉」タイムマシンとクライオニクスの組み合わせ+恋愛小説

特にロマンチックとされている時間ものSF

 SF作家ロバート・A・ハインライン(Robert Anson Heinlein。1907~1988)の1956年の作品で、彼の代表作の1つ。
一般的には、ロマンチックな要素が多めな、タイムトラベルものとされている。
というよりこの小説は、SFというより、恋愛小説的な側面が強い。

 そもそもハインラインの小説自体、SFの中では、恋愛要素(というより可愛いヒロイン要素?)が強めな作風のイメージが強い。

 特に日本では名作とされることが多いが、あまり特筆するような凄い面はないと思う。
時間SFとしても、恋愛小説としても、かなり典型的で、よくあるようなもの。
しかしそういう意味では、SF初心者にオススメとよく言われるのは納得できるとこではある。
(この小説は一人称なので、そのような形式があまり好きでない初心者は、他にあたった方がいい)

 あと、猫小説という評判もあるが、そういう意味ではそんなに期待しない方がいいと思う。
猫はあくまでガジェットの1つというくらいで、まったくメインではない。

恋愛小説としての面

 恋愛もの的には、とても美人だが性格が悪い悪女ダーキンにのめり込んでしまっている主人公デイヴィスと、彼に片想いする一途な少女フレドリカ、という構図から始まる。
そして最終的には、自分をずっと好いてくれていた少女の真の愛に気づくというパターン。
天使の恋愛人はなぜ恋をするのか?「恋愛の心理学」  主人公は人が良く騙されやすい男みたいな印象もあるが、もう関わりを絶ってもいいような状況で、執拗に復讐を考えたり、ただのお人好しでもない感じ。
あるいは世渡り下手な技術屋というふうに描かれている。

 またダーキンは、普通に複数の前科持ちのかなり性根の腐った詐欺師だが、別に彼女が普通の浮気女でも、この物語の根本的には問題ないであろう。
わりとライトな感じの作風なのだから、そのくらいの設定にしといた方がよかったのにと、個人的には思う。
作者の、読者に対する、「とにかく彼女を嫌いになってほしい」という気持ちが、わりと見えた気がした。

 フレドリカは、総合的には影が薄い。

あくまで男性目線のラブロマンス

 普通に、ダーキンは(恋に恋する)男がイメージする典型的悪女。
フレドリカは男がイメージする典型的いい女である。

 また、女性の魅力として容姿の話も多い。
例えば、「彼女は若いころよりますます美しくなったよ」という話に続いて、登場したその彼女が、未来の若返り技術で、文字通り物理的に若く美しかったりする。
上記の流れで微妙な気持ちになる人もいると思う。
美人のファッション可愛い子はずるいのか?「我々はなぜ美しいものが好きか」  はっきりとはしないが、文章からは、男性にはあまり、若返り技術が浸透していないような印象。

 言ってしまえば、これはいかにも、典型的な男性が書いた男性向け恋愛小説という感じで、今で言う、恋愛要素の強い男性向けライトノベルに近い。

SFとしてのいくつかのガジェット

 この作品は、主に1970年代と2000年代が舞台となるが、どちらもこの小説が書かれた時点では未来である。
(序盤、まだ1970年代で、「ワシントンは水爆で吹っ飛んじまった」というセリフがあるのが、わりと気になる)

 つまり、すでに主人公たちの元の時代である1970年代の時点で、現実よりは未来なわけだが、やはり2000年代の描写こそ、なかなか楽しい。

映動、大アジア、裸文化、風邪の撲滅、重力制御法

 例えば映画(ムービー)は『映動(グラビー)』なるものになっている。
具体的な描写はないが、シートベルトを付けるようだから、体感式なのはほぼ間違いない。
時々、劇場そのものが虚無(ヌル)するらしい。

 技術以外にも、大アジア共和国が成立していたりする。
このことは、この小説が書かれた年代が第二次世界対戦の終結からちょうど10年後くらいということを考慮すると、より興味深いかもしれない。

 また、裸があまり恥ずかしくない文化が始まっている。
海などでは、もはや水着などというものを着る習慣はないらしい。
とりあえず、この発想はわかる気がする。
実際に、(それらはこの小説が書かれるより後のことではあるけど)「経口避妊薬(ピル)」や「体外受精技術」の開発などにより、異性同士の関係はもっと自由に、開放的になっていくだろうという予想が、20世紀後半くらいにはけっこうあったらしいという話はわりと聞く。

 さらに、風邪というものが人間社会から完全に駆逐されている。

 そして、主人公が最も驚かされたこととして『重力制御法』が挙げられている。
ただしそれは、地球上での場の相関関係に限った、一時的、局所的なものであり、宇宙船の推進技術にはまだ応用できる段階ではない、という設定。
素粒子論「物質構成の素粒子論」エネルギーと場、宇宙空間の簡単なイメージ時空の歪み「特殊相対性理論と一般相対性理論」違いあう感覚で成り立つ宇宙

高度な自動機械が溢れる社会

 やはり、我々が仮想空間を夢見るようになったのは、コンピューター、というよりパーソナルコンピューターが充分に普及してからのことなのだろうか。
コンピュータの操作「コンピューターの構成の基礎知識」1と0の極限を目指す機械  やたら自働機械は(現実より明らかに)発達しているのに、仮想空間に関する技術は(やっぱり現実より確実に)発展していない。

 主人公も2000年代に最初に来た時、技術者として、その時代にはまだ実現されてなさそうな感じである、『自動筆記機械』を開発しようと考えたりする。
つまり、喋った内容をそのまま紙などに書いてくれる機械である。

 上記の筆記機械のやっていることと言えば、コンピューターに入力した文章を、印刷する行為にも近いであろう。
現実では音声入力の精度はどんどん上がってきているが、 自動機械としては微妙なところである。
少なくとも大衆向けの商品としては難しいだろう。
興味深く面白くはあっても、実用的な問題で、あまり需要はないだろうから。

 また、キータッチ操作で、設計図などを制作可能な発明品が出てくるが、これはいわゆる『CAD(computer-aided design)』のようなものとされることが多い。

冷凍保存描写。クライオニクスの原点?

 この小説はタイムトラベルものとして、(当時としても)あまり新しいアイデアを使ったものではないようだが、それでも、特にこの小説独特の新しいアイデアとして、タイムマシンとクライオニクス(冷凍保存技術)の併用が、よく言われる。
(ただしこの作品はタイムトラベルものとして、後の作品への影響力はかなり大きい。例えば、後世にさらに大きな影響を残したとされる映画、「バックトゥザフューチャー」は、この作品を参考にしてるらしい)

 現実の、クライオニクス開発者(あるいは研究者)とされる者たちにも、この作品に感銘を受けた人がけっこういたともされる。
「クライオニクス」冷凍保存された死体は生き返ることができるか  当たり前と言えば当たり前だが、1970年より2000年の方が、クライオニクス技術も格段に上がっているという設定。
2000年代の方に関しては、「1年間規定の体温を保たせ、それで大丈夫と判断されると、1/1000秒の速度の操作で、患者を氷点下200度の冷凍状態へと導く」というような説明がある。
この過程は多分、生体細胞を破壊しないためのものなのであろう。

 主人公は作中で、当然そのような冷凍保存を体験するわけだが、目覚めるまで夢を見ている描写が結構印象的なような気がする。
主人公の場合、30年間保存されるわけだが、とてつもなく長い夢を 見ていたのかはちょっとよくわからない。
少なくとも、目覚めた主人公の感覚的には、眠った時よりそんなに大した時間経っていないという感じとされている。

タイムトラベルの話

 多くのタイムトラベルものがそうだが、タイムトラベルの原理自体の説明はあまりない。
あくまでも、時空の壁を越えて過去や未来に旅した時に、どのようなことが起こりうるかということが、物語のテーマとなる。

 ただ、作中に出てくるタイムトラベル技術の理論は、重力制御法の研究から、副次的に出てきたものらしいから、多分、重力に関連しているのだろう。

 重力制御法の研究をしていたヒューバード・トウィッチェルという物理学者は、ある時、重力制御法において、第3軸(時空の軸?)を成極(適切な要素の出力、変換?)させれば重力をゼロにする代わりに、マイナスにできる、という理論をたてたが、実験的には証明できなかった。
しかしそれらの実験結果を使った計算から、タイムトラベルの理論を導きだせた。
というような説明が作中に一応はある。
タイムトラベル「タイムトラベルの物理学」理論的には可能か。哲学的未来と過去  とりあえず原理はともかく、この作品に出てくるタイムマシンは、タイムトラベルさせる対象と、対になる質量が必要という設定。
そして、2つの質量のそれぞれが、同じ時間分飛んで、過去と未来に行くわけだが、どちらの質量がどちらに飛ぶのかは決められないというリスクもある。

未来も過去も変えられない。よくあるつまらない結論

 特に、タイムトラベルもので、なるべく矛盾がないように描こうとすると、どうしても、その時空間パターンは2つに限定されるように思う。

 まず1つが、この作品でも、終盤にその可能性について言及されているが、 パラレルワールドのパターン。
ようするに、過去のどの時間、未来のどの時間に行っても、それは出発した時間軸とは別の時間軸の世界、というようなもの。
このパターンは、おそらく最も矛盾が生じないようにするのが簡単である。

 もう1つは、 タイムトラベル自体が決定した世界の出来事というパターン。
これは決定論的な考え方につながるから、個人的にはあまり好みじゃないけど、 タイムトラベルものを矛盾がないように描こうとすると自然とこうなってしまうのは仕方がないというようなもの。
これは、結局、未来も過去も変えられないと言いかえてもいい。
なぜならタイムトラブルを誰かが行うという事自体が、はなから決定している時空間内の出来事なのであるから。

 この小説は明らかに、後の方のパターンである。
デイヴィスが最初に冷凍保存技術を使って過去に来た時に感じた、いくつかの違和感は全て、タイムマシンでまた1970年代に戻った彼自身が、未来で得た知識を頼りにいろいろがんばった結果、という設定。
つまり、元々存在していた時代の流れを、主人公がタイムトラブルで変えるというよりも、主人公がタイムトラベルしたという事実も含めて、はじめから全部、世界の決まっている出来事、というような感じで描かれている。

 他にデイヴィスが、タイムマシンの話を聞いて、トウィッチェル博士に会った時、彼のポケットにはすでに、この時にデイヴィスがサインして、一週間過去に送ってもらうコインがあったりする。
また、デイヴィス以前に15世紀に行ったとある男が、おそらくレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci。1452~1519)というような示唆もある。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」研究者としての発明、絵画と生涯の謎  チャールズ・フォート(Charles Hoy Fort。1874~1932)が紹介しているような奇妙な現象のいくつかも、おそらくはタイムトラベルが原因なのではないか、という推測とかまである。
チャールズ・フォート「チャールズ・フォート」UFO、超能力、オカルト研究のパイオニアの話  未来も過去も最初から決まっている決定論的世界観は、幸せをつかめる人にはいいけど、不幸な人たちにとっては悪夢そのものである。
そういう闇はある。