耳垢栓塞。外、中耳炎。鼻血、鼻炎「耳鼻のよくある病気」

耳の薬

ヒトの耳の構造

外耳。扇状の耳介。鼓膜へ続く外耳道

 人の、顔の左右についている耳の、軟骨と骨で構成された扇状の部分を『耳介じかい(Pinna)』。
耳介がついた、外側の軟骨部と、内側の骨部から成る耳の穴は『外耳道がいじどう(ear canal)』。
耳介と外耳道を合わせて『外耳(Outer ear)』と言う。

 多くの動物の耳介は、集音機能を有しているが、ヒトの耳介は集音機能が乏しいとされる。
 外耳道は、音の通り道であり、外耳道の奥には、音を捉える『鼓膜こまく(eardrum)』という器官がある。

中耳。音を伝える中耳腔、耳小骨。鼻、口と繋がる耳管

 耳の、鼓膜のさらに奥側には、『中耳(middle ear)』と呼ばれる構造がある。
 中耳は、以下の三つから成る。
鼓膜の奥の空洞部分である『中耳腔ちゅうじくう(Middle ear cavity)』。
中耳腔の中にあって、鼓膜と繋がっている、『ツチ骨(Malleus)』、『キヌタ骨(Incus)』、『アブミ骨(Stapes)』の三つから成る『耳小骨じしょうこつ(Ossicles)』。
鼻(鼻腔びこう)や口(咽頭いんとう)の方と繋がっている『耳管(Eustachian tube)』。

内耳。聴覚の蝸牛。バランス感覚の前庭、三半規管

 さらに鼓膜から耳小骨を伝わっていく音は、耳小骨が繋がる、さらに奥側の、『内耳(inner ear)』へと伝わっていく。
 内耳は、『蝸牛かぎゅう(cochlea)』、『前庭ぜんてい(vestibule)』、『三半規管さんはんきかん(Semicircular canal)』で構成されている。
 蝸牛は、音を電気信号に変えて、神経(蝸牛神経)に伝える、名前通り、カタツムリ(蝸牛)状の器官であり、『聴覚(Hearing)』に大きく関連している。
カタツムリ「カタツムリ」殻を捨てなかった陸の巻き貝  前庭は内部に『卵形嚢らんけいのう(Ovoid sac)』、『球形嚢きゅうけいのう(Spherical sac)』という、『耳石器じせきき(Otolith)』という器官があり、三半規管(三つの半規管)と共に、重力や加速度、回転などのバランス感覚と大きく関連している。 

耳垢栓塞。耳垢の溜まりすぎ

 耳垢というのは、耳道腺(外耳道の軟骨部にある分泌腺)の分泌物や、剥がれた皮膚や、埃などが混じり合ったもの。
 この耳垢が、耳の機能に異常を、及ぼすほどに溜まりすぎてしまった状態が、『耳垢栓塞じこうせんそく(impacted cerumen)』である。

 異物感や、かゆみ、聴力の低下、耳鳴りや、目眩めまいなどの症状が発生する。
自覚症状がない場合もあるが、水が耳に入り、耳垢が膨張したりする事などにより、急に症状が現れる事もある。

 ほとんどないようだが、まれに、耳垢が鼓膜まで達することもある。

耳垢水による処置。鼓膜穿孔に関する注意

 鉗子かんしや吸引管を使って取る場合、 耳垢があまり巨大だと、外耳を傷つけてしまう可能性もあるので、「耳垢水」と呼ばれる薬で、あらかじめ耳垢を柔らかくしたりなどの前処理を行う。

 耳垢は、普通に洗浄であっさり取れる場合もある。
温かい(体温程度の)水を外耳道に流し、防水布などで耳を塞いで、傾かせ、しばらく待機する。 
 鼓膜に穴があいた「鼓膜穿孔こまくせんこう」や、鼓膜切開後に付けられたチューブがあったりするなら、洗浄してはならない。
 また、洗浄水が熱すぎたり、冷たすぎたりすると、目眩や嘔吐などの症状が引き起こされる場合もある。

異物、特に昆虫が入ってしまった場合

 幼児は時に、小石や破片などを自分で耳に入れたりする。
大人でも、耳垢を取ろうとした際に、何か別の異物を代わりに残してしまったりする。
生きた虫が、耳に入る事もある。
虫取り網「昆虫」最強の生物。最初の飛行動物  虫の場合は、患者は大抵パニックになる。
ゴキブリなどの場合などは発狂する可能性もあると思う。
台所「ゴキブリ」人類の敵。台所の黒い絶望の正体 さらに、虫が、鼓膜や外耳道を刺したりして、傷つけると、激痛に見舞われたりもする。

局所麻酔薬による対処。磁石による対処

 生きた虫が耳に入ってる場合は、とりあえず取り除く前に、外耳道を液体で満たし、その虫の息の根を止めるのが基本。
特に、リドカインや、アミノ安息香酸あんそくこうさんエチル(ベンゾカイン)のような、局所麻酔薬が有効とされている。

 鉄や金属製の異物は、磁石で引き寄せて除去する方法もある。
雷「電磁気学」最初の場の理論。電気と磁気の関係

外耳炎。腫れて痛い

 『急性外耳炎(Acute otitis externa)』にかかると、たいてい不快で、時に耐えがたい痛みを耳に感じる。
聴力の低下の他、発熱を伴う場合もある。
 軽症の場合は、痛みよりもむしろ、かゆい事が多い。
基本的には、耳介を引っ張ると、痛みが増すとされる。

 外耳道の内側の組織が腫れている場合があり、 重度の症例の場合は、腫れが耳の周囲の軟部組織まで及ぶ事もある。
 腫れが邪魔で、鼓膜が確認できない事も多い。

 治療は、オフロキサシンやシプロフロキサシンのような薬を使うか、場合によっては切除する。
また、耳を清潔にするため、繰り返し洗浄する事も大事とされる。

中耳炎。たいていは子供の病気

 『急性中耳炎』は、上気道感染症(風邪)を伴う事があり、基本的に、患者は耳が痛いと訴える。
 言葉で痛みを伝えられない乳幼児でも、不機嫌になったり、食欲が低下したり、不眠になったり、耳を引っ張る動作などをするようになるので、保護者が判断出来るケースも多い。

 急性中耳炎は、基本的には5歳くらいまでの子供の病気と考えられており、未熟な解剖学的構造や免疫機構が原因とされている。

 治療にはよく、アモキシリンのような薬を使う。

ヒトの鼻の構造

 脊椎動物の顔面にある、呼吸器官を兼ねる事もある感覚器官を、『鼻孔びこう(nostril)』と言う。
 人の鼻孔の開口部は盛り上がっていて、その鼻孔の盛り上がった開口部を、人は鼻と呼ぶ。

 外部に開かれている部分を『外鼻孔がいびこう』。
外鼻孔が続いている内部の空間を『鼻腔びくう(Nasal cavity)』
さらに、鼻腔から、口腔や咽頭に開いている内側の開口部を、『内鼻孔ないびこう』と言う。

 人の鼻の穴は二つあるが、鼻孔内部(鼻腔)を区切っている部位を『鼻中隔びちゅうかく(nasal septum)』。
鼻中隔の前方の毛細血管が多い部位を『キーゼルバッハ部位』と言う。

鼻血。キーゼルバッハ部位は注意

 基本的に、『鼻血(nosebleed)』の原因は、 鼻をかんだり、ほじったり、勢いの強いクシャミをした事による、軽度の外傷。
 出血は一旦止まっても、繰り返し出血する事もある。
鼻血で病院に来る人は、たいていが、複数回の出血のために、心配になった人達とされる。

 キーゼルバッハ部位は非常に出血しやすく、鼻血の多発エリアと言われる。

 鼻血は冬に起こりやすいとされるが、これは風邪をひいたりして、クシャミなどが多くなると、二次的に、鼻腔内に傷がつくことが多いからである。

応急処置はガーゼで鼻腔をつまんで圧迫

 鼻血の原因が何であれ、基本的にはガーゼで鼻腔をつまんで圧迫するのが、応急処置として有効なようである。
 また、通常は、詳しい原因の特定よりも、まず止血を優先する。

 たいていの鼻血の出血は、「血管収縮薬(vasoconstrictor)」を使えば止まるという。

 まれに、大量出血もあり、輸血処理が必要になったりする。

鼻炎。鼻閉による二次被害

 アレルギー性の『鼻炎』は、「鼻閉びへい(鼻づまり)」やクシャミなどの症状が基本的である。
花粉症マスク「アレルギー発症のメカニズム」なぜ起きるのか?なぜ増えたのか? 鼻閉が原因の睡眠不足が、疲労や苛立ちなどの、ニ次的な症状を引き起こす事もある。
ストレス「ストレスとは何か」緊張状態。頭痛。吐き気。あらゆる病気に繋がる難敵  アレルギーが原因だろうが、そうでなかろうが、充血除去薬(Decongestant)や、局所血管収縮薬(Local vasoconstrictor)のような薬は、鼻炎に有効。
ただし、不眠や神経過敏や食欲不振などの副作用が発生する場合もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA