結膜炎、角膜上皮剥離、虹彩炎「よくある目の病気」

目薬

人の目について

 眼の収まる頭蓋骨ずがいこつ(cranium)のくぼみを『眼窩がんか(orbit)』と言う。

 人の、眼窩に収まっている目は、主に『眼球(Eyeball)』、『視神経(optic nerve)』、『付属器(Appendages)』から成る。

眼の構造

 眼球は、『外壁』とも呼ばれる『眼球壁(Eyeball wall)』その内部から成る。

 外壁は3層構造。
 血管が少ないので白く見える最外層が『外膜』、あるいは『繊維膜(fiber membrane)』。
 中間層である『眼球血管膜(ocular vascular membrane)』、あるいは『ぶどう膜(uvea)』。
 最内層である『網膜もうまく(retina)』。
 
 外膜は、主に目を開いた時に露出する部分である、光を効率よく取り入れる役割を担う『角膜(cornea)』と、その外周を覆う『強膜(sclera。白目の部分)』からなる。

 ぶどう膜は、『瞳孔(pupil)』と呼ばれる開口部を持ち、瞳孔は、角膜と眼内の水晶の間で、カメラの絞りと似たような役割を果たしている。
カメラ「カメラの仕組み」歴史。進化。種類。初心者の為の基礎知識

 網膜は、視神経と繋がっていて、目が取り入れた光を、刺激情報に変換する役割を持つ。

 付属器としては、開け閉めができる、目を保護するための、『まぶた(Eyelid)』。
 それに、瞼や強膜の内側を覆う『結膜けつまく(conjunctiva)』。
目が乾かないよう、涙を分泌するための『涙腺るいせん(lacrimal gland)』などがある。

結膜炎。細菌、ウイルス、アレルギーの症状などの違い

 目には『眼脂がんし(eye discharge)』、あるいは『目やに(eye mucus)』とか呼ばれるゴミが溜まってしまう事がある。
 眼脂は、結膜や角膜から分泌される粘液などに、涙や、血管から漏れた血液細胞、老廃物などがくっつき、固まったもの。

 『結膜炎(conjunctivitis)』は、充血と眼脂がみられる患者が、よく診断される。

 細菌性の結膜炎では、充血や異物感、眼脂の異常な量などの症状がみられる。
 視力が低下することはあまりない。
もし明らかに低下しているなら、原因は他にある可能性が高い。

 ウイルス性結膜炎の場合は、流涙りゅうるいを伴う灼熱感や、『上気道感染症(Upper respiratory tract infection)』(ようするに喉の痛みとか、鼻水みたいな風邪)の症状の、愁訴しゅうそ(患者からの訴え)もよくある。
耳の周囲(正確にはリンパ節)が腫れたりもする。

 アレルギー性結膜炎の場合は、かゆみや、瞼の結膜に石垣状乳頭増殖(石垣に似た突起)が出来たり、強膜の結膜に浮腫むくみが出来たりする。

麻酔点眼液による不快感の軽減。併存する病気

 結膜炎は、普通は、びまん性(広範囲)に充血し、 角膜に近いほど充血が少ない。
逆に充血が局所的なら、単に異物が目に入っただけの可能性がある。
 細菌性かウイルス性かを判断するのは難しいことがあるが、どちらかわからない場合は、細菌のせいだと考えて治療するのが安全とされる。

 普通は『麻酔点眼液(Anesthetic eye dropsら)』を点眼する事で、不快感などは軽減されるが、 それで効果がない場合は、眼組織のより深部に原因があると考えられる。

 高熱、倦怠感などの症状に加え、体の様々な部位に紅斑こうはん水疱すいほうが多発する、『スティーブンス・ジョンソン症候群』。
 発熱や発疹や手足のしびれなどの症状の、『川崎病』。
 関節の痛み、排尿の困難などの症状の、『ライター症候群』など、結膜炎と併存する病気の徴候にも注意が必要である。

角膜上皮剥離。霧視、羞明

 指や棒などで目を突いてしまった時、 コンタクトレンズの不適切な使用時、角膜の異物の除去時などに、よく『角膜上皮剥離(Corneal epithelial detachment)』は生じる。

 角膜の上皮が、剥離する(剥がれる)と目の痛みのために、目を開ける事すら出来ない事も多い。
 他に、霧視むし(nephelopsia。緩やかに生じる視覚障害)や、羞明しゅうめい(photophobia。強い光への不快感)などの症状も、よくみられる。

フルオレセイン染色検査

 フルオレセインという蛍光色素は、細胞間の接着が弱いところに浸透する性質を持つ。
剥離した部分を探るのには、そのフルオレセイン色素を利用した『フルオレセイン染色検査』が有効とされる。
 角膜上皮の細胞同士は、しっかりと接着しあって、角膜内部への異物の侵入などを防いでいる。
なので、剥離した部分や、あるいは細胞が死滅した部分などに、色素は染み渡り、コバルトブルーフィルターや、紫外光を当てると、緑色に光る。

 抗生物質点眼液や、眼軟膏がんなんこうがよく治療に使われるという。
眼軟膏は、点眼液よりも作用が持続するが、ベトベトする。

虹彩炎。ステロイドの治療と問題

 ぶどう膜や『虹彩こうさい(Iris。眼球の色がついた部分、あるいは瞳孔の周囲の色がある部分)』に出来る炎症を、『虹彩炎(iritis)』と言う。
 
 目の痛み、霧視、羞明などの症状があり、流涙を伴う事もあるが、通常、眼脂の発生はない。
角膜周囲の強膜(白目)が充血し、炎症が悪化すると、瞳孔の反応が乏しくなり、水晶体の焦点が合わなくなる。

 結膜炎などよくある眼の炎症よりも、危険度が高いとされる。

 治療として、よく、ステロイドの局所投与が行われるが、炎症の原因が感染である場合は、逆効果をもたらしてしまうようである。

異物混入。たいてい黒っぽい斑点

 目に異物が入ってしまった場合、異物が入ってしまった事はわかるが、その正確な位置は特定できない患者が多い。
 上瞼の裏で見つかる事が多く、たいていは黒っぽい斑点として、すぐに確認出来る。
 瞼の内側に生じる、病的でない丘疹きゅうしん(papule。直径1cm以下の皮膚の隆起)が、紛らわしいとされる。

 異物により、角膜上皮剥離が起きてないかは注意する必要がある。

 実のところ、目の構造上、異物がずっと留まっていることはあまりなく、医者に診てもらう頃には、すでに異物は目からなくなっている事も多い。
その場合でも、異物のあった場所に炎症ができていたり、不快感が残っていたりはする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA