「バスケのルールと基本用語」交代がやりたい放題

バスケのゴール寸前

コートとライン

 原則として、コートの大きさは、縦28m、横15m。
 縦の境界線を『エンドライン』。
横の境界線を『サイドライン』と言う。
 ベンチメンバー含め、あらゆる物は、エンドライン、サイドラインそれぞれから2m以上離れてなければならない。

 エンドラインと平行な『センターライン』というのが、コート中央にひかれている。
このセンターラインの両端は、サイドラインを0.15mほど突き抜けている。
 センターラインより、自チームのゴールのある側を『バックコート』。
相手チームのゴールのある側を『フロントコート』と言う。

 コート中央には、半径1.8mの『センターサークル』という円が描かれている。
 ゲームはセンターサークルから開始される。

 コートには他にツーポイントエリアとスリーポイントエリアを区切る『スリーポイントライン』。
特定のスローイン再開時に使われる『スローインライン』などがひかれている。

 ラインの幅は5cmで、エンドライン、サイドラインは、コートに含まない扱い。

制限区域

 ゴール付近の色が塗られた縦5.8m、横4.9mの長方形エリアを『制限区域』、あるいは『ペイントエリア』と言う。

 制限区域の、ゴールから5.8m離れた、エンドラインと平行なラインを、『フリースローライン』という。
フリースローラインの、制限区域の外側には、半径1.8mの半円があり、そこはまさにシューターがフリースローを打つエリアとなる。

 ゴールの下にも、半径1.25mの半円があり、その半円を『ノーチャージセミサークル』。
半円内を、ノーチャージセミサークルエリアと言う。

 バスケット(ゴール)はリングとネット、それにその後ろにつく、バックボードという構成。

チームメンバー

 基本的には1チーム12人までとされている。
チームメンバーのひとりをキャプテンとする。

 バスケというスポーツの特徴として、交代の制限の緩さがある。
コート上でゲームに参加するメンバーは5人だが、メンバー交代に回数制限などはない。
交代出来るタイミングでさえあればいくらでも交代が認められているのだ。
 
 ただし5回のファウルを宣告されたプレイヤーは、そのゲーム中はコートに立てなくなる。

1ゲームの流れ

 『ピリオド』、あるいは『クォーター』と言われる10分のプレイを4回おこなう。
各ピリオドの間には『インターバル(休憩)』がある。

 第2ピリオドと第3ピリオドの間のインターバルは、『ハーフタイム』と言わ、10分か15分となる。
ハーフタイム以外のインターバルの時間は2分が基本。

 プレイが止まっている時のゲームクロックは止まるので、実際には設定時間以上の時間がかかるのが普通。

 第4ピリオドを終えた時点でスコアが同点なら、2分のインターバルと5分の延長ピリオドを、決着がつくまで繰り返す。

ライブとデッド

 ボールには『ライブ』と『デッド』のふたつの状態がある。

 ライブとは、ボードがバスケットに入った場合に得点が認められる状態。
 デッドは、ボールがバスケットに入っても、得点が認めらない状態。

 スローインやフリースローなどでのゲーム再開時は、それらをするプレイヤーに与えられた時から、ボールはライブ状態となる。

 バスケットにボードが入り得点が発生した時。
 審判が笛を鳴らした時。
 まだ後にスローインなどが行われる場合に、フリースローがバスケットに入らなかった時。
 各ピリオドの終了時などに、ボールはデッド状態となる。

 ただし、審判の笛が鳴った時や、各ピリオド終了時でも、ボールが空中を飛んでたら、そのボールは誰かに触れるか、地につくまでライブ状態扱い。

ジャンプボール

 開始時、センターサークルにて、審判が上に投げたボールを、両チームの代表プレイヤーひとりずつが、ジャンプでそれを奪い合う。
これを『ジャンプボール』というが、このジャンプボールの際は、審判の手からボールが離れた時点で、ボールはライブ状態となる。

 ジャンプボールを奪い合うプレイヤーは、ボールが最高点の高さに到達後に、ボールを取らないと違反となる。
また、ボールを掴むのも違反。

 ゲーム開始時以外の、ゲーム再開時に、(ピリオド開始時や、両チームのプレイヤーが同時に触れたボールがコート外に出た時など)どちら側のボールかが明確に決まってない場合を『ジャンプボールシチュエーション』と言う。
ジャンプボールシチュエーションは、スローインでの試合再開となるが、そのスローイン権利を持つチームは、シチュエーションが発生する度に切り替わっていく。
(最初の権利は、ジャンプボール時に、ボールを先にコントロール出来なかった方のチームに与えられる)

 また、得点後のゲーム再開時は、バックコートのエンドラインからのスローインとなる。

ヴァイオレイション

 ボールを持って走ったり、握り拳でボールを叩いたり、意図的に足を使ったりしたら『ヴァイオレイション(違反)』となる。
 ただし意図的でなく、ボールが足に当たってしまった場合は、ヴァイオレイションとはならない。

 ヴァイオレイションはファウルとは違う。

 ボールがコートから出る『アウト・オブ・バウンズ』もヴァイオレイション。
ボールがコート外の何かに触れるか、ボールを持ったプレイヤーが、コート外の何かに触れたら、アウト・オブ・バウンズとなる。
 外の何かに触れる前のボールを、コート内からジャンプしたプレイヤーが、地につく前に、ボールを空中でコート内に戻すのはセーフだが、ライン上か、ライン外からジャンプしたプレイヤーは、ボールに触れた時点でアウト・オブ・バウンズになる。
 また、ライン上は、ライン外扱い。

 片手を返し、ボールを持つような形になったら『イリーガルドリブル』のヴァイオレイション。
 ドリブルを一旦止めてから、ボールを手離さずに再びドリブルすると『ダブルドリブル』のヴァイオレイション。

 フロントコートからバックコートへのパスもヴァイオレイション。

ファウル

 相手の体に直接触れたりして、プレイを妨げた場合、ファウルとなる。

 審判の判断により、シュート動作中のファウルが起き、ボールがバスケットに入らなかった場合、入ってれば与えられた得点分の回数のフリースローとなる。
 シュート動作中にファウルされたが、しっかり得点出来た場合は、1回のフリースローとなる。

 各ピリオドごとに、5回目以降のファウルの度に、相手チームにフリースロー権が与えられる。

 無礼な態度など、プレイ外にファウルを取られる場合もあり、『テクニカルファウル』と言われる。
ひどいファウルは『アンスポーツマンライク(スポーツマンらしからぬ)ファウル』となり、2回で退場となる。
さらに悪質なファウルは『ディスクォリファイング(資格剥奪物な)ファウル』で、これが宣告されると、即退場。

 ゲーム終盤では、回数に余裕がある場合、あえてファウルをする戦略もあり、『ファウルゲーム』と呼ばれる。

 無理矢理なドリブルによるディフェンスプレイヤーとの接触は『チャージング』と言い、ファウルになる。
しかしノーチャージセミサークル内では、軽度のチャージングは見逃される。

オフェンス。ディフェンス。ゴールの得点

 ライブ状態のボールを持つか、ドリブルなどしてる選手がいる側のチームは、ボールをコントロールしているとみなされる。
ボールをコントロールしているチームは『オフェンス』、コントロールしていないチームを『ディフェンス』と区別する。

 ボールを持ったプレイヤーは、片足が地についてれば、それを軸に回転したりするのは自由。

 バスケットからスリーポイントラインまでのエリアで、試合中にゴールされた場合、得点は2点。
スリーポイントラインより外側のエリアからのゴールは3点。
フリースローの得点は1点となる。

秒ルール

 特定の状況を特定の時間維持すると、ヴァイオレイションとなる。

 オフェンス側のプレイヤーは、フロントコートの制限区域に3秒以上止まってはならない。
 ディフェンス側のプレイヤーに1m以内の距離でディフェンスされてるボール所持者は、5秒以内にボールを手離すか、ドリブルに入らなければならない。
 バックコートでボールをコントロールしたチームは、8秒以内にフロントコートにボールを運ばなければならない。
 ボールをコントロールしたチームは、24秒以内にシュートを打たなければならない。

 あるエリアを、片足一1本でも踏んでたら、それは留まってるとみなされる。
 シュートは、リングに当たって、初めてシュートとみなされる。

ポジション

『ポイントガード』
 いわゆる司令塔のポジション。
オフェンスの指示や、適切なパスなど、ゲームメイクを担当する。

『シューティングガード』
 積極的に攻めの起点となるポジション。
ドリブルや、スリーポイントシュートなどが得意なプレイヤーがつく。
エースと呼ばれる人が多い。

『スモールフォワード』
 シューティングガードよりも、思いっきりに、得点を狙うポジション。
とにかくアタックを仕掛け、積極的にゴール前にも切れ込む。

『パワーフォワード』
 制限区域付近で得点を狙うポジション。
体を張ったプレーが得意な者がつく。

『センター』
 ゴール下付近で得点を狙うポジション。
実はポイントガードと共に、最も重要なポジションとされる。

 ポイントガード、シューティングガード、スモールフォワードは、主にスリーポイントエリアの外側でプレーするポジションで、『アウトライン』。
パワーフォワードとセンターは、スリーポイントエリアの内側でプレーするポジションで、『インライン』と呼ばれる。

バスケ用語いくつか

 『リバウンド』
バスケットに当たって、跳ね返ったボール。
あるいは、そのボールを狙うプレイ。

 『スクリーン』
過度の接触なしで、相手チームのプレイヤーを妨害する行為。
ただし過度の接触などがあった場合は『イリーガルスクリーン』というファウルとなる。

 『プッシング』
相手を無理に押しのけるファウル。

 『ブロッキング』
相手の進行を妨げるファウル。

 『イリーガルユースオブハンズ』
相手を叩いたりして、とられるファウル。

 『ホールディング』
相手の動きを封じるファウル。

 『エルボー』
フリースローラインの両端と、その付近。

 『カットイン』
ゴール側に切れ込む動き。

 『タイムアウト』
各チームに何回か認められる、任意のインターバル。

 『ルーズボール』
ライブ状態だが、いずれのチームにもコントロールされてないボール。