ドラキュラとその他。創作世界の吸血鬼の例「ヴァンパイア小説4つ」

吸血鬼ドラキュラ。呪われし不死貴族に関するいくつかの記録

 言うまでもなく、吸血鬼という怪物を世間的に有名にした 、ブラム・ストーカー(Bram Stoker。1847~1912)による、1897年出版のホラー小説。

ほぼ、物語に関わった何人かの人たちの、日記とかの記録で、何があったのかが語られている形式。
吸血鬼の夜「吸血鬼」能力に弱点、退治方法まで。闇の貴族のすべて

吸血鬼ハンター、ヴァン・ヘルシング

 ジョナサン・ハーカーという人が、ドラキュラという男の城に招待されたが、実はそのドラキュラは吸血鬼。
最初はなぜか白に使用人らしき人たちが全然見つからないというような疑問からだんだんと彼の正体が明らかになっていく過程が面白い。
そして、物語が進むと、吸血鬼を研究しているという、ヴァン・ヘルシング教授なる人物が登場し、吸血鬼ハンターたちと、ドラキュラ伯爵との対決に進んでいく。

 ヴァン・ヘルシングは「自分自身が最初はそういう超常的な存在に懐疑的だった」というようなことも語ってたりしていて、やはり学者的な人物だということが強調されているようにも思う。

自然法則から外れたいくつかの特殊能力。それゆえのいくつかの弱点

 吸血鬼に関する様々なイメージの中には、この小説が元になっているものも多いとされる。
「特に吸血鬼は鏡に映らない」というのは、映画の視覚的表現のために生み出されたもの、という説もあるが、この小説ですでにそういう説明や演出がある。

 狼人間と関連性を思わせる設定もいくらかある。
「オオカミ人間」狼憑きと呼ばれた呪い。獣に変身する魔法使いたちの伝説 他、確かに作中で、吸血鬼こと彼を、怪物と表現する描写などもあるが、悪的な側面よりも、異質というような印象が際立っているか。
「研究で彼を知れば、 彼を完全に消してしまうことが重要だと思い知らされる」というような記述も。

 その彼、ドラキュラに関する生い立ちの情報などはかなり少ないが、過去の情報が全然ない訳ではない。
例えば彼は兵士であったことも、政治家だったことも、錬金術師だったこともある。
そして政治家や錬金術師のような知識階級の者であった時は、その時代における最高レベルの知的存在だったともされる。
錬金術「錬金術」化学の裏側の魔術。ヘルメス思想と賢者の石  吸血鬼は不死身の存在であると思われるが、しかし脳は(あるいは精神的に) 不完全に保たれることもあり その精神構造の中のどこかには幼さがいつまでも残る。もしくは、長い時間をさらに生き続け、深く学ばないと、なかなか成長できない面が存在しているというような印象も受ける。

 生命体は、それがどれだけ儚い存在だろうとも、他の命を自らに取り込むことによってその寿命を引き延ばすことも可能。そして、聖書にも書かれているように、命とはつまり血である、という説も作中である。

 彼は20人の男を合わせたくらい強い。
さらには、死霊術の恩恵があり、近くの死者を指揮下における。
制限された範囲内でだが、好きな場所に、好きな形で現れることができる。霧や雷などの天候操作も可能。
ネズミ、フクロウ、コウモリ、キツネ、オオカミなど いくらかの動物を操れるし、彼自身もコウモリやオオカミに変身することもできる。
月夜のコウモリ「コウモリ」唯一空を飛んだ哺乳類。鳥も飛べない夜空を飛ぶ  もちろん、彼に血を吸われた者、血を分け与えられた者は、吸血鬼となってしまうのだが、それに関しては恐ろしい罰のように語られてたりする。
闇の種族となってしまった者は、永遠を生きる。ということは永遠に天国に迎えられなくなってしまったことを意味してもいるのだ。生き続けるしかないのである、この地上の嫌われ者として。

 吸血鬼は無敵ではない。その理由として、そもそもそれが自然的な存在ではないことが挙げられている。
自然な存在でないから、自然法則に従わない部分がある。そしてそこが、 恐ろしい能力の理由でもあるが、同時に弱点になりうるところと。

 ところでドラキュラは、日中ではほとんどの能力が使えない。ただし太陽の光に致命的なほど弱いという訳ではないようで、どちらかと言うと、光に弱いというよりは、夜に強いという印象がある。

吸血鬼カミーラ。より古く、伝承に近いか

 シェリダン・レ・ファニュ(Joseph Thomas Sheridan Le Fanu。1814~1873)という人が書いた、ドラキュラよりも古い、1872年の怪奇小説。
長めの短編か、あるいは中編な長さ。
吸血鬼ものである一方、同性愛も1つのテーマとなっている感じ。

 ドラキュラ以前の古い作品であるから当然のような気もするが、その吸血鬼像は、実際の古い伝承で語られたりしているようなものと近いと思われる。
「多少悪い奴が自殺をしたとする。そういう自殺者は特定の境遇 にあった場合、吸血鬼となる。そしてその吸血鬼が、生きている人間を睡眠中に襲う。襲われた人間は、たいてい墓の中で死に、そしてまた吸血鬼となる」というような説明もある。
吸血鬼は基本的に夜行性だが、陽の光に弱いという設定などはなさそうである。ただ普通、日中は棺の中の死人状態、そして活動期間の夜に棺から出てきては、血を求めてさまよう。その生き血を吸いたいという欲望が活力になっているようである。吸血鬼は特定の人に対し激しくまとわりつくが、そうする衝動は恋に似ているという説も挙げられている。
「科学的ゾンビ研究」死んだらどうなるか。人体蘇生実験と臨死体験天使の恋愛人はなぜ恋をするのか?「恋愛の心理学」  姿を変えたり、壁をすり抜けたりといった特殊能力もあるが、今日の典型的な吸血鬼小説のものと比べたら、やはり控えめな印象。
また、「吸血鬼の1つの特徴として手の力がある。あまり強くなさそうな細い腕でも凄まじい力を発揮できるし、その手で握られてしまったところは、手だろうが、足だろうが、痺れて、それはなかなか治らない」とも。

BLACK BLOOD BROTHERS。闇の黒い血

 ブラックブラッドとも呼ばれるようになった吸血鬼が、物語が始まる10年ほど前に起きたある事件をきっかけに、世間一般に知られるようになったという、ローファンタジー的世界観の小説。

 一般的な知見としては、吸血鬼が起こす事件は、基本的に少数の生き残りが起こしたトラブルばかりであり、吸血鬼の大多数はすでにこの世を去っている。
しかし実態としては、吸血鬼という存在自体が、実は人間社会の構造の中に大きな役割を占めているという感じ。
ファンタジーの水場ハイファンタジーとローファンタジーの違い。SFについて「ファンタジーとは何か?」

血統と血族の謎。吸血鬼が存在する社会

 やはり普通に、少なくとも大半の吸血鬼は元人間。
しかし様々な超常能力を使う、その吸血鬼という存在自体の真の起源に関しては不明。ただ、少なくとも彼らの歴史は人間と同じくらいに古い。伝説や神話で語られているような昔の時代には、すでに人類世界の裏側を生きてきたとも説明される。
彼らは特に、人間社会の権力構造のヒエラルキー(ピラミッド型の階層)で頂点に位置する場所に、長い時間をかけて潜り込んできたされている。
そういう訳で、現在でも大国の支配者などには、吸血鬼や、その息がかかった人間が大勢いる。

 何百何千年と生きている大吸血鬼は『古血(オールドブラッド)』と呼ばれ、普通はかなり強力な能力を持っている。
どうも吸血鬼というのは、長生きすればするほどその能力を強めるらしい。そして古くから生きているということは、それだけ『始祖(ソースブラッド)』の直系に近いともされる。吸血鬼は、転化された時の吸血鬼と同じ血統に属するが、その種類は様々。例えば逆転が違っていたりする。異なる血統に属する吸血鬼同士はほとんど別の生物とも。
始祖はその血統の大元となった吸血鬼のことだが、古くは生き神と崇められたほど超越的な存在で、その血をより濃く継ぐオールドブラッドは若い吸血鬼とは別格とされる。

 また吸血鬼たちは、同じ血統同士で暮らすことが多く、その同血統集団は、『血族』と呼ばれている。

 作中において「吸血鬼に血を吸われた人間は、死後吸血鬼となって蘇る」という伝承は有名だが、事実と少し異なっているとも説明される。
吸血鬼に血を吸われた場合ではなく、吸血鬼の血を吸って、闇の血が自分に混ざってしまった時に、その人は吸血鬼になってしまう。その血の色が赤から黒に染まり、吸血鬼へと生まれ変わる。
ブラックブラッドというのは、元々は闇の生命へ人を堕落させてしまう、吸血鬼の血を指していた言葉とも。

 しかし血を吸った相手を吸血鬼へと変えてしまう血統もいる。
その中でも有名なのは、吸血鬼が知られるようになった事件、『九龍クーロンショック』を起こした血統。
その始祖が生まれたのは、あるいは現れたのは香港だったとされていて、その能力のため、爆発的な増殖力を見せた。
吸血行為は吸血鬼にとっての生命維持のための絶対条件で、かつ吸血鬼は不老。しかもその血統の感染力は人間のみならず同族である吸血鬼にまで及ぶほど強力で、力あるオールドブラッドが次々と彼らの一員となった。そして香港は、数千年にも渡る人と吸血鬼のバランスを覆した。
ただ、その事件を起こした者たち、『九龍の血統(クーロンチャイルド)』の始祖は10年前。少なくとも認識されている始祖は、必ずしも何百年、何千年前から生きてきた存在ではないようである。

 主人公たちも、吸血鬼の兄弟
世間知らずで、絶世の美少年の弟コタロウ。
そしては20代前半くらいに見えるが、わりと礼儀正しい雰囲気。容姿も弟とはそれほど似ていない兄のジロー。
その血統はかなり特殊。
つまり彼らはクーロンチャイルドのように、伝承に近い能力を持っている吸血鬼。
ただ、ジローは100年以上は生きていて、クーロンチャイルドではない。また、この100年以上という数値だけでも、オールドブラッドか、オールドブラッドに近いというような感じの印象を持たれるようである。
1巻は、この兄弟2人の、血統に関するある秘密が明かされて終わる。

 また、『オーダー・コフィン・カンパニー』という、人間と吸血鬼の仲を取り持つことを(少なくとも表面上は)目的とした組織も、けっこう重要なガジェットとなる。
吸血鬼の存在が明るみに出ることなどで発生するトラブルを事前に防いだりしていて、表向きは民間組織組織だが政府との繋がりも強いという感じ。

 それと、古い強力な吸血鬼が力を振るう場合には『眩霧(リークブラッド)現象』というのが起こる。描写的には、周囲に幻の霧が立ち込めるような現象。

ストライク・ザ・ブラッド。魔族保護区となっている島が舞台

 これもまた、よくある吸血鬼ものの1つとされている。

 主な舞台となる絃神島いとがみじまは、太平洋の真ん中、東京の南方海上330キロ付近に浮かぶ人工の島。ギガフロートと呼ばれる、超大型浮体式構造物を連結して作られた人工の都市。
そこはまた魔族特区とも呼ばれていて、獣人や人工生命体、そして吸血鬼と、自然破壊の影響や人間との戦いにより数を減らし、絶滅の危機に瀕している様々な魔族の存在が公認されて保護されているというもの。それと特殊な能力を持っている、その魔族たちの生体構造を解析し、化学や産業などの発展に利用するという目的もある。
主人公は、この都市に生きる、第四真祖と呼ばれる特別な吸血鬼。

 様々な魔族の中でも、「魔族の王」と呼ばれるほど、吸血鬼は特別に強い扱いである。常人を遥かに超える身体能力、魔力への耐性、そして凄まじい再生能力。しかし最も重要なことは、『眷獣』と呼ばれる、眷属たる獣の存在。
単体の戦闘能力だけなら、吸血鬼より強力な魔族はいくらでも存在する。しかし吸血鬼が自らの血の中に住まわせた眷獣は、様々な姿や能力で、しかし最も弱いものでさえも戦車や戦闘ヘリの戦闘力すらも凌駕するとされているようなレベルな訳である。

 眷獣は、意思を持って実体化するほど超高濃度の魔力の塊、魔力そのもの。あるいは破壊的なエネルギーの塊などともされている。
吸血鬼自身の特に優れているところと言えば、その凄まじい不死性、再生能力で、それゆえに眷獣のようなトンデモ荒業が可能というような感じ。

 この作品では、普通の人間が吸血鬼になることは普通はないとされている。吸血鬼に血を吸われて感染することはあるが、それは単なる血の従者、つまり擬似吸血鬼にすぎないという感じ。
ただ、普通の人間が真祖になるための方法として、失われた神々の秘呪を使うか。あるいは「融合補食」、または「真祖喰い」と言われる、まさしく真祖を喰らって、その能力を自らに取り込むという方法などがある。