「シャーロック・ホームズの事件簿」感想と考察。名探偵の人間的な面

最後の短編集

 コナン・ドイルが書いたシャーロック・ホームズのシリーズの中でも、一番最後に出たらしい短編集。
コナンドイル自身の、書き手としての心境の変化か、あるいはシャーロック・ホームズというキャラの解釈の変化か、あるいは単にファンを飽きさせないための工夫なのか、結構色々と異色的な感じの要素もあったりする。

 特にホームズ自身の、それまであまり描かれてなかったような一面が結構いくつか描かれてるように思う。
ある話では、悪い男に騙される女の子に対し、父親的な怒りを覚えたり。
また、親友のワトソン君とちょっと疎遠になってしまったことに寂しさを覚える場面とかもある。
さらに、そのワトソン君が殺されてしまったかもしれないというシーンで、本当に彼が死んでいたなら僕は犯人を殺していた、というように、かなり普通に感情的な一面を見せたりもする。

 ホームズといえば、結構唯我独尊的なイメージで、 しかしその性格的な物を考慮から外せば、知的かつ、 身体能力的にも強かったりする、わりと完全無欠な超人であるが、この短編集ではわりと弱い人間的な面がいっぱい描かれているように思う。

 また蓄音機を使ったトリックや動物に関する話など、科学的な側面がよく見られる。
これは、おそらくドイル自身の興味関心ごとであろう。

 この短編集が書かれた頃には、本当ならシャーロック・ホームズシリーズは終わっているはずだった。
しかし読者からの要望があまり強かったために、結局書いているという状態。
もしかしたら、本来はホームズで描くはずではなかったいくつかのテーマを、ホームズで表現しようと考えた結果もあったのかもしれない。

高名の依頼人

 序盤に、死んだモリアーティ教授や、まだ生きているモラン大佐より危険な人物だとしたら……、というようなホームズのセリフがある。
しかし、確かにこの話の敵は結構な悪党ではあるが、なんだかんだモリアーティ教授よりも危険な人物、と言われるほどの人物ではない気はする。

 しかし悪い男に騙される可愛らしい少女に対し、普通に説得しようとし失敗。
だが、まるでその少女が自分の娘みたいな気持ちにもなり、感情的になって説得するホームズは、ちょっと個人的なイメージと違う感じもした。

 かなり微妙なところだけど、催眠術が話題に出ている。
おそらくこれが書かれた当時は、今に比べて、神秘的か、あるいは実用的なものと考えられていたろう。

 ホームズが死にかける、ほどではないけど、わりとガチな大怪我を負うのも珍しいと思う。

 この話では、はっきりとホームズは窃盗罪なのだが、高名な人物が正しい目的のためにそれを行ったということで、イギリス法律はそれを許すという、なんとも微妙な結末。
その窃盗した証拠品が結構ひどい。

白面の兵士

 珍しい。
ホームズの一人称の話。

 これまでのいくつかの話では、ワトソン君が勝手に話を誇張したりするのに文句をつけていたりもするのだが、いざ自分が書く場合、読者を楽しませるためにそれは正しい戦法だったと反省したりするのが ちょっとおかしい感じ。
ワトソン君は理想の協力者であって、決して感情や気まぐれからではないというような、ホームズの本音もちょっと書かれてたりする。

 しかし、実際は結局ドイルが書いてるのだから当たり前といえば当たり前だけど、ホームズとワトスン君で、そんなに文の感じが違うというふうではない。

マザリンの宝石

 なんと言うか、Simple is best的な話なんだが、 個人的には案外結構好きだったりする。
ちょっとバイオリン弾いてきますで、バイオリンが弾いてる間は盗み聞きとかも出来ないだろう、ていう話になってきたから、もしかして蓄音機とかかなと思ったら、マジでそうだったという感じの話。

 最近発明された蓄音機というもの、というようなホームズのセリフがある。

三破風館

 序盤に自分に脅しをかけてきた黒人に対するホームズのセリフが、いくらかが若干人種差別的な感じが含まれているともされ、かつドイルの作品としては、そういうのは珍しい感じだから、それだけでこの作品には盗作疑惑があったりする。

 この話に関しては三人称的演出があり、ちょっと実験的な感じもある。

吸血鬼

 コナンドイルは結構オカルト研究家としても有名だから吸血鬼に対しても なかなか深い知識を持っていたに違いない。
吸血鬼の夜「吸血鬼」能力に弱点、退治方法まで。闇の貴族のすべて 「死体が歩き回るのを止めるには心臓に杭を打ち込むばいいなんて、何の話だ? キチガイの沙汰だ」というようなホームズの台詞がちょっと印象的か。
そもそもそういう話を真面目に取り上げるべきなのか議論してたりもする。
「世の中は広くて、幽霊まで相手にしてるわけにはいかない」というセリフも、興味深さの中にユーモアもあろう。

 事件自体、吸血鬼伝説を上手くイメージしてある感じで、なかなか面白いと思う。
真相もなかなかうまくできてて、かつ結構恐ろしい感じも残り、わりと傑作でなかろうか。

3人ガリデブ

 なんというか、赤髪連盟再びという感じの話。
わりと本当にそれだけという感じだが、実際あちらを彷彿とさせるような話なので、あっちが好きだった人には、こっちも面白いと思われる。

 ガリデブ探しの話と言うと、確かになんか面白そうな感じはしないでもないだろう。
序盤はちょっとゆるい雰囲気で、終盤シリアスになる流れも、赤髪連盟と同じ。

 ホームズが珍しく、レストレードのことを褒める描写があるのが個人的には印象的。
褒めると言っても、「無能ではあるけど整理整頓能力は最強」みたいな程度のやつだけど。

 そして終盤、ワトソン君が撃たれて、本当に危ないかもしれないと不安になったホームズと、彼のその言葉や震えを受けて、それだけで充分に感謝し、元気が沸いてくるワトソン君の友情がとてもいい。

ソア橋

 シリーズの中でも、特にトリックがよくできているといわれる作品。
しかしトリックばかりでなく、話も結構傑作だと思う。

 ホームズもけっこう手こずる描写を入れたのは、多分ドイルも、この事件のトリックがいいアイデアだと感じていたからでなかろうか。

 また、すでに結婚している身でありながら、雇った家庭教師の女を口説こうとした依頼人の話に対し、「そういう感情に関しては何とも言えないけど、ただ、客観的に見たらよくないことと思う」というようなことを答えるホームズ。
そういう感情と言うか、恋愛に関する男女の道徳観の問題の議論は、この時代と今とで、あまり進歩していないのかもしれない。

這う人

 定期的にある、医学をテーマとした話。
ドイル自身がこれに関してはエキスパートだろうから、どことなく他のタイプの話よりも、説得力が高いような気がしないでもない。

 やたら出来事が起きた日付を気にするホームズに対し、月の満月との関連とかを疑っているのではないか、と考えられたりするシーンがある。
月の満ち欠けと、地上の出来事とか、人の精神状態とかの関係というのは、今は基本的に迷信とされているが、ドイルはどう考えていたのだろうか。

 ちょっと類人猿の謎の話も絡んでて、わりと興味深い。

獅子のたてがみ

 サイアネア・カピラタ(キタユウレイクラゲ)は2mくらいという巨大なクラゲ。
そして(なんと30mくらいの長さらしい)触手がちょっとライオンのたてがみっぽいからライオンタテガミクラゲとも呼ばれる。
こんな巨大クラゲであるのに、大量発生することがあり、しかも刺された場合ものすごく痛く、文字通り死に至ることもあるという。

 そしてこれは定期的にある動物系の話。
よくホームズシリーズはコナン・ドイルの本命作品ではなく、わりと適当に書いてたりもすると言われるが、個人的には色々結構しっかり調べてたりすると思うんだけど。

覆面の下宿人

 そしてこれはまた動物が絡んでくる話なのだが、事件以上に、重いものをテーマにしているような気がする。

 基本的にホームズの話は、だいたいはハッピーエンド的な感じの終わり方をする。
しかし時々はもの悲しい終わり方をする場合があって、この話はその中でもトップクラスだと思う。
一番最後の方。
「あなたならこんなになっても耐えられるか?」と問われたホームズが、その答を明確に答えられていないことこそが、この作品の出している答のように思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA