「本陣殺人事件」金田一耕助、描かれた最初の事件。感想と紹介。頼りない彼の魅力

琴

雪降る家の密室殺人

 昭和12年のある日。
結婚式の夜に、新郎新婦の眠る離れ家から、突然鳴り響く琴の音と悲鳴。
駆けつけた親族が見た者は、二人共に惨殺された新郎新婦。
ただし部屋のドアには鍵がかかり、外部との繋がりは、人が通る事など不可能な、小さな隙間のみ
さらに雪降る野外には、足跡のひとつも残されておらず、ただ凶器と思われる日本刀が突き刺さっていた。

 それはまさに奇々怪々な密室殺人。

 新婦の叔父である銀造は、ある人物に連絡を取る。
その人物の名は、金田一耕助。
後に日本中にその名を轟かす事となる、今はまだ多くの人に知られざる名探偵。

実は最初の事件ではない

 雀の巣に例えられるモジャモジャ頭、いかにも貧弱そうな体つきに、人懐っこい笑顔、トレードマークの袴に帽子。
そしてある人達から言わせれば、まるで怪物的に優れた洞察力。
明晰な頭脳を持つ、間違いなく日本のミステリー史を代表する名探偵の一人である金田一耕助シリーズの一作目。
ではあるのだが、ここに描かれているのは、耕助の最初の事件という訳ではない。

※ついでに言っておくと、この作品は、作者である横溝正史のデビュー作という訳でもない。

ただシリーズ通して、彼が解決した最も古い事件を扱っているし、彼が探偵となった経緯も紹介されているので、最初に読む作品としてはかなり正しいと思われる。
 

金田一耕助が若い

 この作品は、金田一耕助の関わった事件として、かなり古いものなので、当然彼は若い。
まだ二十代半ばという設定である。

 また前述した通り、この作品では、探偵となる前の(なんと薬中毒のチンピラだった)彼のことも説明されている。
たまに「け、け、刑事さん」という風な感じでどもるのって……(興奮した時の彼の癖)。

探偵になるまでの経緯

 彼は、北海道地方の出身らしいが、若い頃に渡米したという。
アメリカではドラッグにおぼれ、堕落した生活を送っていたが、やがて克服し、偶然にとある事件の解決に関わったのをきっかけに、彼は探偵を志す事になる。
 だが、日本に帰国してから、事務所を構えたのはいいものの、当然無名の彼に頼る者など全然いない。
 しかしまたしてもひょっこりととある事件を解決し、知る人には知られた彼。
 そしてその後の、日本での彼の二つ目の事件こそ、この本陣殺人事件という訳である。

すぐに仲良くなった磯川警部

 後にいくつかの事件で共に捜査をする磯川警部との出会いも、描かれている。
といえるかはちょっと微妙かもしれない。
(何せ二人はかなり初めから打ち解けたので)
 この手の探偵小説でよくある、「素人が口を挟むな」的なイベントはない。
テンポがいいとも、言えなくもないか(?)

別に後の、年取った彼と、性格が違ってるとか、そういう事はないけど、しかし二十代の(そして探偵に成り立ての)金田一耕助の活躍を楽しめるのは貴重だと思う。

怪奇色控えめたが、その分、密室殺人が本格的

 このシリーズ全体の特徴ともいえる、怪奇具合というか、おどろおどろしさみたいな要素は、後の作品に比べればかなり控えめである。
 しかしそのおかげか、本格的な密室トリックも相まって、ある意味シリーズで一番、普通の難事件ミステリー感がある。
(ないんだけど)「読者への挑戦」が解答編の前にあっても全く違和感がないレベルである。

事件を未然に防げない役立たず名探偵という魅力

 このシリーズ自体の魅力ってやっぱり金田一耕助という男の情けなさ、というかショボさだと思う。
 例えば獄門島や悪魔の手鞠唄における、伝わる詩になぞらえた殺人。
八墓村や悪魔が来たりて笛を吹くなどにおける、呪われた血筋の因縁。
そういうおどろおどろしい雰囲気の中で、頼りとなる探偵であるはずの金田一耕助その人が、全然頼りないからこそ、このシリーズは面白いのだ。
 格闘なんかが駄目なのはお約束として、死体にびびり、予測している殺人を未然に防げず、わりと知的な犯人に出し抜かれちゃったりもする彼だからこそ、読者が体験する不気味さや恐ろしさが増すのである。
物語に高い緊張感が生まれるのである。

 まあなんて事じゃない。
彼は確かにたぐいまれな名探偵である。
だけどそれだけ、ただ名探偵なだけの普通の人。
それが彼、金田一耕助なのだ。
だから彼の物語は、不可思議さがまし、恐ろしくも、でも優しさもちゃんとある人の心が上手く描かれ、それが多くの人にとって魅力的なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA