「風雲の出帆」海の覇者トマス・キッドシリーズ一作目。感想

帆船

 「これが人生さ。いつも思った通りに行くとは限らん。だけど人生を受け入れることは学べる。それ以上だ。相棒」

カツラ職人から水兵へ。トマス・ペイン・キッド

 18世紀、イギリスとフランスの大規模な戦争の最中。
田舎の村で、カツラ店を営んでいたトマス・ペイン・キッドは、ある日、徴兵され、戦列艦デューク・ウィリアム号の船員となる。
 地元の不良集団に怯える日々を送りながら、本物の軍人なんて舞台でしか見たことがなかったようなキッドだが、逆らえぬ運命により、海の兵となってしまった。

 そういう場面から、このトマス・ペイン・キッド、シリーズの一作目は始まる。

イギリスの海洋冒険小説

 海洋冒険小説というジャンルはイギリスにおいて、どうも、日本でいう時代劇のようなものらしい。
このシリーズも、そういう海洋冒険ものの、典型的な一つなのだという。
イングランドの石橋「イギリスの歴史」王がまとめ、議会が強くしてきた帝国の物語 
 現在は、海洋冒険ものというと、海賊ものをイメージする人もいるかもしれないが、普通、伝統的なイギリスの海洋冒険ものといえば、海軍が主役。
この話もそうである。 
 たいてい、新米兵、あるいは徴兵された一般人から、大物へとなり上がる物語が描かれる。
この話でも、そういう典型的な例に漏れない。
主人公キッドは田舎の一般人だったのだが、強制徴兵され、最初は陸者(おかもの)とバカにされる。
しかしだんだんと、その海兵としての才能を開花させ、成長していくのである。
海洋海はなぜ塩水なのか?地球の水分循環システム「海洋」

徴兵の現実。本を読める素晴らしさ

 無理やり連れて来られただけ。
船での仕事なんて一切知らないのに、 簡単な説明書の紙切れ1枚渡されただけで、何もできないことを罵られ、そして船の上から見える陸地を見て、家族と一緒に過ごしてたことを思い出し、ただひたすら、それがもう月の上のことである事を理解し、虚しくなる。

 そんなきっとに希望を与えてくれた、先輩船乗りのジョー・ボウヤーとの会話は、だいたいよい。
彼はキッドに、一つの道を示してくれるのである。
このまま運命を呪うだけでは、本当に一生を海の上でこき使われて死んでいくだけ。
しかし、もし階級を上げて、戦闘などで功績でも立てたら、賞金ももらえるし、実際それで、下っ端水兵から、一財産築いた者達だっている。

 「ジョー、あなたは幼い頃から、この海で生きて、ずっと訓練してきたんだ。けど俺が知ってるのなんて、ただカツラの作り方だけだ」
彼が、父と一緒に働いていた子供の頃を回想するシーンは、ちょっと泣ける。
仕事がいつも上手くいってた訳じゃない。
けれどいつでも、家に帰ったら母の温かい食事が待っていた日々。
 そんなキッドにジョーは言う。
「そんなこと気にするな。船乗りの魂は誰だって持ってる。ただ眠ってて、起こされるのを待ってるのさ。あんたは足が速いし、目をいつも開けてるし、それに頭もいい」
そして続けた言葉がとても好き。
「あんたには教養がある。そいつは今は、いろんな意味を持ってるんだ。俺だって本が読めたらって考えるよ」

 もし、自分があまり賢くないとか、あるいは出来損ないだって思ってて、けれど簡単な本でも読めるなら、彼の言葉はきっと響くと思う。

デカルト、ライプニッツの哲学。一生の友情

 後に相棒的存在となる、親友のニコラス・レンジとの最初の会話もいい。

 ある悲劇に見舞われ、全く自暴自棄となっていたキッドに、手を差し伸べてやったレンジ。
ある事情により、誰とも関わらないということを決めていた彼が、しかし似たものを感じていたキッドを見捨てられなかった流れは印象的。

 そして、 自分は徴兵されてきたのではないというレンジ。
過去に何があったかを聞かれ、説明しようかも彼は迷う。
 キッドは、デカルトやライプニッツの哲学に通じてはいないだろうから。
この世界には、道徳心というもののために生きる人間がいるということを、もし理解されてないなら、それを理解してもらうのは難しいだろうから。
「哲学的な理由からなのだけど」
その時は、まだ全てを話せない
 しかし辛そうな彼の顔を見て、ただキッドは言うのである。
「辛いことならもう聞かない。この話は終わりにしよう」
そして彼は、また新しい話題を振る。
「その哲学っていうのについて、俺にも教えてほしい」

 本当に、生涯の友に出会えるって事は幸運なことと思う。
ここでは、とても素敵な友情が描かれている。

海洋アドベンチャーの傑作

 そして終盤、紆余曲折の末に、命を賭けて脱艦を決意したキッド。
永遠の別れとなろう、その旅立ちに協力してくれと頼まれたレンジ。

 「僕も、僕も一緒に行く」

 二人で共に逃げたし、しかし、結局は戻り、もう本当に最後だろうと覚悟したところでの、結末への流れもよかった。

 とにかくこの話はリアルな設定を軸に、とても素敵な友情を描いた、素晴らしいアドベンチャーです。