自作カードゲームのカードの作り方。印刷し、ラミネート加工して、カット

カードゲーム

まずはプロキシでテストプレイ

 カードゲームは普通、複数のカードの異なる効果が複雑に絡み合います。
その複雑に自由に変化するゲーム環境を、実際にプレイせずにシミュレーションするのは、かなり至難の技です。

 なので、「カードゲームを作ろう」という人は、手間をかけていきなり本格的なのを作るより、まずは『プロキシ』(オリジナルのテキストを書いた紙を、既存のカードに張り付けたり、カードスリーブなどで固定したりしたもの)でテストプレイを行っておくべきです。
これは「バランスのいい堅実に戦略的なゲーム」を目指す人も、「ぶっ壊れバランスでとにかくド派手なゲーム」を目指す人も同様です。
ゲーム中ゲームとは何か。定義と分類。カイヨワ「遊びと人間」より  それとこの記事で紹介する方法はもちろん一例です。
またカード用の画像は既にあるものとして話を進めます。

必要な道具。印刷機、ラミネーター、ディスクカッター

 もちろん『厚紙』と『ラミネートフィルム』も必要です。 
後、『パンチカッター』(カード角を丸くカットする為の道具)も。

 参考までに僕が使ってるのは以下です。

まずは厚紙に印刷

 カード裏側のデザインにまで拘る場合、両面印刷がない印刷機でも、厚紙なら二度の印刷でわりと大丈夫です。(実際、僕はそうしてます)
ただ注意点として、正確な『カッティング』(カードのサイズに切る工程)はかなり難しいので、裏、表、いずれか(出来れば両方)のデザインは、多少ズレても問題ないようなのにした方がよいです。

ラミネート加工して、カットで完成

 印刷した厚紙をラミネート加工します。
「ラミネーターはあまり連続使用をしない方がよい」という情報もありますが、僕は普通に連続で使いまくってます。

 結構、熱がでるので、そこは要注意。
 
 まあ僕と同じく、カード作る時くらいしかラミネーター使わないなら、あまり使い方に気を配る必要はないと思います。

 で、ラミネート加工したら、後はカッターでカットして、さらにパンチカッターで角を丸くしたら、完成です。

 ディスクカッターを使えば、わりと綺麗に切れるものの、ラミネート加工した厚紙自体は切りにくいので、力加減には気をつけましょう。
パンチカッターは、かなり簡単で使いやすいです。

実際に完成させたサンプルゲーム

 ここで紹介したやり方で実際に作ったオリジナルカードゲームの「レトロライフ」
レトロライフイメージオリジナルカードゲーム「レトロライフ」紹介。参考にもどうぞ 同様に(こっちはコマも使いますが)オリジナルカードゲームの「パラレルレギオン」
「パラレルレギオン」遥か未来をテーマとした協力型オリジナルボードゲーム まあこういうの作れますって事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA