オリジナルカードゲーム「レトロライフ」紹介。参考にもどうぞ

レトロライフイメージ

レトロライフとは

 ブログ『エミュー』の管理人であるSii、あるいは猫隼が開発した、オリジナルカードゲームです。
プロキシ用のカード画像データなども用意してますので、気になったらそれ使って遊んでくれたら嬉しいです。
また、単純にオリジナルゲーム作る参考にもどうぞ。

 このゲームの主な特徴としては、
(1)二人対戦用ゲームです。
(2)TCGのようにそれぞれデッキを組んで戦うのではなく、トランプなどのように共通のデッキを使います。
(3)どちらかというと運要素が強いです(なので実力差が出にくいと思います)。
(4)世界観は未来設定のSFです(むしろなんでカードゲームの世界観はファンタジーばかりなのか心底疑問)
レトロライフフィールド

レトロライフの世界観

プロローグ

 それなりに遠い未来。
使用言語があまりにも複雑過ぎる為、技術者達の手に負えず、完全に人の手から離れた人工知能達は、 廃棄処分とされた前時代の都市廃墟を利用し、マシン達のまったく新しい世界『ブーギー』の製作に成功する。

 それからさらに数世紀後の未来。
人の世界で次々と実用化されていく、それまでは電子空間上の架空の存在でしかなかった物の実体化。
もう目前に迫っていた歴史上初の地球外知的生命体の地球襲来。
それら2つの革命は、平和だったブーギーにも大きな影響を及ぼす事となる。

 最初のきっかけは、ブーギーを見つけた、あるアバター(誰か)の宣言だった。
「お前たちは我々が作った。だからその世界も我々のモノだ」
 こうして戦いが始まった。

人から離れた人工知能達が築いた世界

 かなり長期に渡って小さな争いすらなかった、ある技術者が言う所の「究極に平和な世界」。
そんなブーギーでは、法も秩序も存在しない、完璧に自由な社会が作り上げられている。
 ブーギーには身分や上下関係もまったくなく、全ての住民がそれぞれ好き勝手に生きているが、ただ1つだけ 共通の思想がある。
それは人の徹底拒否。

 もしブーギーの平和が終わるなら、それは何らかの形で人がブーギーに介入してきた時だと、誰もがわかっていた。

三つの勢力。レトロン。パイオニア。エイリアン

 レトロン。
 ブーギーの機械生命体達の総称、彼ら自らそう名乗っていて、かつて自分達を戦争など(彼らにとっては) くだらない事ばかりに利用し、挙げ句はゴミのように捨てた人間達をかなり嫌っている。

 パイオニア
 ある種の壮大な芸術とも言えるブーギーの街に、移住を計画している、実体化された、人がまるで自分のように精神操作するアバター。
自らをパイオニア(開拓者)と名乗るが、レトロンからは皮肉を込めてコンキエスタ(侵略者)と呼ばれている。

 エイリアン
 その目的まで何から何まで謎な地球外生命体。
パイオニア(というより人類)は彼らの事を、映画などフィクション作品のイメージから相当に恐れているが、レトロンは特に相手にしていない。
戦略図

ゲームのルール

使用するカード

 このゲームでは、数字、アイテム、イベントの、三種類のカードを使用します。
また全てのカードには四色(青、赤、緑、黄)のいずれかの色があります。

 数字カードはTCGで言うところのモンスターに相当するカードです。
主にプレイヤーは、場にこの数字カードを出して、戦わせたりします。
数字のデッキは40枚です。(各色の1、2が4枚ずつ。3が2枚ずつ)
レトロライフ数字

 アイテムカードはサポートに使うカードです。
アイテムのデッキも40枚です。(色別にアイテムカード5種を各2枚ずつ)
レトロライフアイテム

 イベントカードは、発動条件があり、かつ普通には手札にこないものの、かなり強力な効果ばかりの、一発逆転用カードです。
このゲームの運要素の原因でもあり、魅力でもあるつもり。
イベントデッキは20枚です。(色別にイベントカード5種が各1枚ずつ)
レトロライフイベント

ゲームの準備

 まずフィールドを敷きます。(別に紙に書いたりして作ったものでもいいと思います)
フィールドには4×4マスのバトルゾーン。
各プレイヤーごとのアイテムゾーンとコアゾーン。
数字、アイテム、イベントそれぞれに対応したデッキゾーンと、同じく三種のカードそれぞれに対応した破棄ゾーンがあります。

 数字デッキ、アイテムデッキ、イベントデッキを、フィールドの各デッキゾーンに用意します。
それぞれのプレイヤーは、数字、アイテム、イベントデッキの上から3枚ずつを取り、それぞれのプレイヤーのコアゾーンに裏側のまま好きな順番で重ね、1つのデッキとします。
このデッキはゲーム中、コアと呼ばれ、プレイヤーのライフとして扱われます。

 プレイヤーそれぞれ、数字デッキから3枚ドロー(デッキの一番上のカードを取り、手札とする行為)し、自分の初期手札とします。
後はジャンケンなどで先攻後攻のプレイヤーを決めればゲームを開始出来ます。
レトロライフ初期手札

ゲームの流れ

 それぞれのプレイヤーのターンを、いずれかのコアがなくなるか、三種のカードいずれかのデッキと破棄ゾーン両方からカードがなくなるまで繰り返します。
コアが先になくなったプレイヤーが負けとなります。
あまりないですが、同時にそれぞれのコアがなくなった時や、カードいずれかがデッキと破棄ゾーンからなくなった場合は引き分けとなります。

1ターンの流れ

 4つのフェイズがあります。
スタートフェイズ→サーチフェイズ→アクションフェイズ(このフェイズは先攻1ターン目のみ1回、それ以降のターンには基本的に2回あります。また、コアが3枚以下のプレイヤーは3回となります)→エンドフェイズの順番に発生していきます。

 スタートフェイズ
(ターンの始まりのフェイズです。主に手札調整を行います。手札が4枚以上ある場合、3枚になるように破棄(破棄されたカードは当然破棄ゾーンへいきます)します。
また2ターン目以降は、手札調整の前にリブート(手札を全て破棄し、数字デッキから新たに3枚ドローして手札とする)を行う事も出来ます)

 サーチフェイズ
(手札の数字カード1枚を破棄し、アイテムデッキから、破棄されたカードの数字分の枚数ドローする事が出来ます)

 アクションフェイズ
(このフェイズに行える行動を各種1回ずつ行えます。また1度のアクションフェイズに何度でも行える特殊行動もあります)

 エンドフェイズ
(ターンの終わりのフェイズです。バトルゾーンのフリーズ状態(横向きの状態)のカードを、全てアクティブ状態(縦向きの状態)にします)

アクションフェイズで行える行動

 プレイ。
ムーブ。
サプライ。
アタックがあります。
1度のアクションフェイズにいずれかを1回だけ行えます。

 プレイ
(カードを手札から場(バトルゾーン、アイテムゾーンの総称)に出すか(数字かイベントは(数字はフリーズ状態で)バトルゾーンに、アイテムカードはアイテムゾーンに、置きます)、または場のカードの起動効果(任意で発動出来る効果)を使用します。
また、バトルゾーンに相手のカードがあり、かつ自分のカードがない場合、リリースプレイが出来ます)
 ※リリースプレイについて。
(数字カードをリリース状態で場に出せます)
 ※アイテムのプレイについて。
(アイテムを手札からプレイする時は、必ず(手札の)数字カード1枚とセットにします。
この時の数字カード1枚は、そのアイテムカードの付属数字となります。
付属数字はアイテムカードの効果に関連してきます。
またアイテムには各種ごとにウェイト数字が設定されていて、この数字の合計がアイテムゾーンのウェイト制限(カード効果などで変化していなければ10となります)を上回ってしまう場合はアイテムをプレイ出来ません)
アイテムプレイ
 ※付属数字について。
(付属数字となっているカードはカード扱いされません。例えば「数字カード1枚を選択して~する」などといった効果の対象には出来ませんし、「数字カードの枚数~する」といった効果の使用時にも、数字カードの1枚として数えません。付属数字は完全に、その付属しているアイテムカードと一体化している扱いとなります)
 ※イベントカードについて。
(イベントカードにはどれも発動条件があり、条件を満たしていなければ場に出せません。
数字のようにフリーズ、アクティブ状態というのはありません)

 ムーブ
(バトルゾーンのアクティブ状態の数字カードを隣接するマスに移動します。移動したカードはフリーズ状態になります。
移動先に自分のカードがある場合は移動できません。
相手のカードがある場合はバトルが発生します)
 ※バトルについて
(バトルゾーンで既に相手のカードのあるマスに移動すると発生します。
マスに残るのはバトルに勝利したカードで、負けたカードは破棄されます。
バトルの勝敗は色と数字にかかっています。
まず色判定(相性のよい方が勝ちます。色の相性は青>赤>緑>黄>青となります)をし、それで決着しなければ数字判定(数字の大きい方が勝ちます)をします。
数字判定でも決着がつかなければ引き分けとなり、両方のカードが破棄されます)
 ※イベントカードのバトルについて
(イベントカードはバトルを仕掛けられた場合、バトル中のみ、各色の数字0の数字カードとして扱います)

 サプライ
(バトルゾーンのアクティブ状態の数字カード1枚を選択します。
選択したカードをフリーズ状態にして、そのカードの数字分、数字デッキからドローします)

 アタック
(バトルゾーンのアクティブ状態の数字カード1枚を選択します。
選択したカードをフリーズ状態にして、そのカードの数字分、相手プレイヤーはコアの上からカードを破棄します(この時相手プレイヤーは破棄するカードの内1枚を手札に加えられます))
コアドロー

アクションフェイズ時の特殊行動

 特定の状況下で行える特殊行動各種は、可能ならアクションフェイズに何度でも行える行動です。

 スクランブル。
(バトルゾーンの自分の数字カード1枚と、そのカードと同じ色の手札の数字カードを入れ換える事が出来ます。
フリーズ、アクティブ状態は引き継ぎとなります)

 ファインショット。
(手札のアイテムカードを、バトルゾーンの同じ色の自分の数字カードを付属数字にして出せます)

 コンバージョン。
(自分のアイテムゾーンのカードを任意の枚数破棄して、破棄したアイテムとウェイト合計が同じになるように、手札からアイテムカードをプレイ出来ます(ウェイト合計さえ同じになるなら複数のカードを同時にプレイする事も出来ます))

 シークレットプラン。
(場に自分のイベントがない場合に、手札のイベントカード1枚をバトルゾーンに出せます(発動条件は無視出来ません))

プロキシプレイ用データ

ダウンロードはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA