「日本の人生のしきたり、風習」七五三、元服、還暦の意味

生涯の行事

胎児の頃の行事

懐胎の祝。妊娠五ヶ月目の儀式

 人生における、最も早い行事は、『懐胎かいたいしゅく』なのはほぼ間違いない。
これは妊娠5ヶ月目の妊婦に、服帯はら おびを巻くという儀式である。
お母さんのおなかの中で、ようやく流産の心配がなくなった頃くらいに行われるもので、保温などの、実用的な面もある。
卵「胚発生とは何か」過程と調節、生物はどんなふうに形成されるのかの謎

誕生蟇目。風切り音鳴らし、魔を退散させる

 矢の先につけて、射たときに、音が鳴るように仕掛けた卵形の装置をかぶらと言う。
鏑をつけた矢は鏑矢と呼ばれ、例えば戦場における合図などに、よく使われたという。

 木をいて削った鏑を、蟇目鏑ひきめかぶらと言う。
その名前は、形状がヒキガエルに似ているからだという説もある。

 蟇目鏑をつけた矢を、射手が的に放つ『誕生蟇目』も、胎児の健康な成長を祈るための儀式。
矢によって風を切り、蟇目によって音を鳴らして、それにより魔の気を消しさるのである。

 畳の裏が、魔障の巣とされているから、それを裏返し、立てて、的にする。
「陰陽道入門」干支と五行についての理解。占いと式神、祓いの術

出産を行う産屋。厄災を払うための天児、宿直犬

 出産を家々で 行うのが普通であった時代。
子をとりあげる女性を『座婆ざば』と言った。

 産の時、妊婦の腰を抱く、『腰抱こしだき』という役割もある。

 出産を行う部屋を『産屋うぶや』と言う。
産屋は、非常に神聖な場所とされ、親が用意してくれた守り刀や守り袋。
厄災を祓うための天児あまがつという人形や、宿直犬とのいいぬ御伽犬おとぎのいぬと呼ばれる犬を模した紙の置物を用意した。

 また、産棚うぶだなという、白木造りの三重の棚を用意。
そこに、瓶子(上部が膨らんだ壺)や土器などを置いた。
出産の祝いとして、それらの器に、米などをいれて、棚に供したのだという。

子供時代のしきたり

母代わりの乳母

 実の母に代わり、子に乳をやる女性を『乳母うば』、あるいは俗に『御乳おんめ』とか、『御乳人ちおも』と言う。
貴族の家などでは特に、子育て自体を代理母が行うことが多かったので、乳母は、そういう者たちも含めた呼び名でもある。

大事に箱に入れられたへその尾

 無事に出産を終えると、母親の胎盤と胎児のへそを繋いでいた、「へその緒」は、乾燥させてから、箱などに入れて、母親が大切に保管する。

 へその緒を入れた箱には、子供の姓名、生年月日、両親名などを書いて、神棚かみだなに供えた。

 大事に箱に保管されたへその緒は、子供が成人するまでは守り神として効き、男ならば戦争などに出かける時、女ならばお嫁に行くときなどに、本人に手渡された。
また、子が大病を患った時には、へその緒は、薬の材料にもされた。 

三日目の神への捧げもの

 生まれて三日目の夜に、出産を司る生まれ産神と、荒神様と土地神様に、餅を供する風習があるという。
3柱の神はそれぞれ、鏡として用意され、産神の鏡前きょうぜんには、餅を2つ左へ、荒神の鏡前には、餅を3つ右へ置く。
土地神の鏡には、小さな餅を36個真ん中に置く。

七夜の祝

 生まれた7日の間は、色々避けるべきだとする風習がある。
生まれてから、七夜のうちは、何事も産屋の中で行うべきなのだという。
七夜の間は、毎日、塩水を笹の葉で打ち、室内を清める。

 さらにこの七夜という期間は、赤子の顔を、誰かに見せることを忌む風習もある。

 生後七日目の夜に、赤子に服を着せて、産屋の外に出す儀式を『七夜の祝』と言う。

お宮参り。破魔弓。羽子板

 生誕後、男子は30(または32)日目、女子は31(または33)日目に、土地神の宮へお参りすることを『お宮参り』、あるいは『忌明いみあけの祝』ともいう。

 お宮参りは、出生後、母子が共に初めて外出するというもので、男子は鳥居の左より入り右から出て、女子の場合は鳥居の右から入り左から出る。

 また、男子には破魔弓はまゆみ、女子には羽子板を献上するとされる。

 お宮参りの日は、地域によって7日目から100日目まで差があるという。

百日目のお食い初め。箸始め

 生まれてから100日目に行われる、『お食い初め』という儀式は、子が立派に成長し、生涯にわたって食べ物に困らないように、という思いに基づいたものとされる。

 茶碗と箸がこのために用意され、握り飯や焼き魚などの食べ物が用意される。
ただ実際に食べてもらうわけじゃなく、食べさせるふりをして、用意したものは大人が食べるのが普通。
しかしふりだろうが何だろうが、生まれて初めて、箸を使って食べ物を与えられるから、この儀式は、『箸始め』や『箸祝い』とも呼ばれる。
また100日目に行うということで、百日ももかとも言う。  

髪置の祝の儀式

 3歳になった年の、11月15日に、『髪置かみおきの祝』は行われる。
それまでの髪の毛を切り落とし、新たにこれから髪を伸ばし始めるという儀式。

 髪を切り落とすのは、『髪置の親』と呼ばれる人で、 通常は、子が多くいたり、長生きしているような、めでたい人に依頼する。

七五三。七歳までは神のうち

 11月15日に、3歳になった子供、5歳になった男の子、7歳になった女の子の成長を祝い、晴れ着を着せ、神社に赴き、お祓いしてもらう行事が『七五三』である。

 地域により、男女の年齢の区別はされないこともある。
元々、適当な吉日や、誕生日などに行われていたようだが、江戸時代に徳川綱吉の子供、徳松君が、この祝いを11月15日に行ったことから、この日がスタンダードになったようである。

 昔は、「七歳までは神のうち」と言われてたように、子の死亡率は高かった。
7歳まで生きるということは、それだけで、すごく嬉しいことだったのだ。

大人になってからの儀式

元服。成人の儀

 男子が成人として認められるようになるための通過儀礼であった、『元服げんぷく』は、髪型を変えたり、服装変えたり、特別な冠をかぶったりする儀式であった。

 年齢は、地域や個人によっても様々であったようだが、江戸くらいまでは基本的には、男子は15歳、女子は13歳で、成人として認められたようである。

 また男子は、元服により、成人としての新しい名前を与えられたとされる。

還暦祝い。生まれ直しの祝い

 平均寿命が40歳くらいだった頃。
その頃はもう40歳まで生きた者は、家族全員に祝われ、それから10年ごとに、長生きしていることを祝ったとされる。

 60歳で行うらそういう祝い事を『還暦かんれき』と言った。
60歳という年齢は、基本的に、隠居する年齢とされていた。

 還暦の祝いは、生まれ直すことを祝うもので、赤ちゃんの時につけていたような頭巾や、おもちゃなどを送り、長寿を祝福した。 

 還暦と言うのは、干支が巡ってくる四回目の時期だからでもある。

長寿の祝いの由来。古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿

 還暦を過ぎて、70歳まで生きると、『古希こき』となる。
これは中国の詩人である杜甫とほの、「人生七十古来稀なり」という一節から。

 77歳まで生きたら、『喜寿きじゅ』。
喜という漢字が、漢字の七を三つ重ねているように見えることからとされる。

 80歳まで生きたら、『傘寿さんじゅ』。
傘の略字が、十に八をかぶせたものに見える。 

 88歳まで生きたら、『米寿べいじゅ』。
米という漢字が八、十、八に見えるから

 90歳まで生きたらか『卒寿そつじゅ』。
卒の略字が、十に九をかぶせたものに見える。

超長寿の祝いの由来。白寿、百寿、茶寿。皇寿。大還暦

 99歳まで生きたら、『白寿はくじゅ』。
百から一をとったら、白になるから。

 100歳まで生きたら、『百寿ももじゅ』。
そのまま。

 108歳まで生きたら、『茶寿ちゃじゅ』。
茶という漢字が、八十八、十、十(合計108)に分解できる。

 111歳まで生きたら、『皇寿こうじゅ』。
皇という漢字が、白、一、十、一分解でき、白を99とすると、合計111。

 120歳まで生きたら、『大還暦だいかんれき』。
2回目の還暦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA