「サッポロ一番の歴史」史上最高のインスタントラーメンはいかにして生まれたのか

みそラーメン

乾麺事業を始めるまで

井田家と下田家

 井田毅(いだたけし)は、群馬県の前橋市出身。
1930年の生まれ。
この時代は、ニューヨーク株式市場の大暴落が、全世界を不況へと貶めた、ちょっとした暗黒時代であった。

 彼の生まれた井田家は、広い土地を所有し、1705年(宝永2年)頃から、造り酒屋の営んでいた。

 造り酒屋とは、自分達で醸造した酒を売っている店である。

 井田家は(7人兄弟の6番目であった)父方の家だが、母方の下田家も、それなりの名家であり、経済的にも一家は恵まれていたはずだが、それでも、その年(正確には1929年から)の世界恐慌の影響は小さくなかった。

安いものには人が集まる

 1933年。
毅が3歳の頃。
彼の父、文夫(ふみお)は、繁華街で、新たに「泉居酒屋」という店を始める。
 文夫は、当時は「けしからん行為」とみなされていた特売、つまり値引きなどを駆使して、売り上げを順調に伸ばしていった。

 「甘いものにはアリがたかる。安いものには人が集まる」
それが文夫の口癖であった。

戦争をこえて

 幼い頃の毅は算数は得意だったが、病弱で運動は大の苦手であった。
 しかし小学校時代、彼は見事なフライングにより、かけっこで一位となった事があったという。
まさに、後の彼に通ずる、素早く先を制した勝利であった。

 毅は小学校を卒業すると、父の後を継ぐためか、商業高校への進学を決める。
 彼はしかし、わりと不真面目で、数学や美術など、好きな授業には熱心だったが、嫌いな、あるいは役立たないと考えた科目に関しては、よくサボった。

 そして時代は、第二次の世界対戦の時代。
1945年に、終戦を迎えた時。
泉居酒屋は、空襲により焼失していた。

経済大学への進学

 終戦後、文夫はすぐさま泉居酒屋の再建にとりかかった。
長男である毅も、とりあえず学業より父の手伝いを優先した。

 しかし店を建て直しても、酒の原料となる米は、不足により、なかなか手に入らず、厳しい経営が続いた。

 苦労したのはもちろん井田家だけではない。
多くの商売人の子が、進学を諦め、就職し、家を助けた。
 しかし文夫は、毅に進学を進めた。
大学で学ぶ、本格的な経済学や経営学は、後には必ず役に立つと、彼は信じていた。

 そういう訳で、毅は巣鴨経済専門学校(現、千葉商科大学)に進学した。

新たな事業

 1952年。
大学を卒業してから、そこで学んだ知識を生かし、泉居酒屋で、父と共に経営側としての役割も担うようになった毅。
 しかし売上アップに成功しやがら、毅は、酒屋の限界を感じ始めるようになった。

 そしてある時、舞い込んで来たのが、実業家の義兄(姉、とよ子の夫)からの、廃業した乾麺事業の譲渡の申し出であった。

 乾麺は当時、まさに盛り上がりつつあった事業で、まさしく新しい商売品として、毅らが求めていたものであったが、不安要素もあった。
当然だが、文夫も毅も、麺など全くの素人だったのだ。

 しかし工場は既にあり、既にいる従業員達は、ノウハウもしっかり知っている。
 さらに、同じような状況で、乾麺事業を始めた知人の後押しもあり、父子は、乾麺事業を始める事を決意したのだった。
 
 そうして、1953年11月20日に、『富士乾麺』は設立されたのだった。

即席麺事業参入まで

富士乾麺は品質が高い

 富士乾麺は、元々廃業寸前だった、前事業を引き継いだ形で始まったので、工場や従業員は確保できていても、取引先があまりなかった。

 乾麺事業としては後発であるのもあり、営業には苦労したが、しかし、優れた商売人の父子は、徐々に経営を好転させていった。

 ものづくりが好きな性分であった毅は、最初は素人だったものの、徐々に乾麺作りのノウハウを学び、研究も熱心であった。
 そのような情熱は、実を結び、次第に、「富士乾麺の麺は品質が高い」と好評になっていく。
 
 そして商売の成功と共に、この業界でやっていける、という自信を、文夫も毅も持つようになる。

兵庫県へ

 彼らは1955年に、富士乾麺を株式会社化して、文夫が社長、毅が専務取締役となった。
 1957年には、さらに新たな工場と本社を設立。
 
 何もかも順調にも思えたが、この頃、戦後の食糧難もだんだんと改善されてきて、毅はまた不安を覚えるようになる。

 そして、毅は、日本最大級の乾麺の産地である、兵庫県の播州地方を訪れた。
そこに広がっていたのは、規模こそ大きいが、設備的には富士乾麺と大差ない、たくさんの乾麺工場だった。

今のままでは駄目だ

 毅は群馬に帰ってくると、営業を務めていた、同年代の竹村弘(たけむらひろし)に相談した。
 「どうやらこの業界は、大量生産よりも少量品質主義だ。おそらくは今くらいが限界だろう。今のままでは我々はこれ以上は大きくなれないと思う」
 
 業界トップの工場に、設備なら負けていない、という情報を聞いた時、竹村が想像したその先の話と、毅の実際の話は全く違っていた。
 普通の経営者なら、「うちはトップに負けてない」という所だろうに、毅は市場状況を冷静に見極め、「今のままでは駄目だ」と判断したのである。
 
 まさしく経営のプロ、商売の鬼である。

これしかない

 そしてまた、新たな事業を模索していた毅の目に止まったのが、「関西でチキンラーメンという、お湯をかけるだけで食べれる即席麺がブーム」という新聞記事であった。
カップヌードル「チキンラーメンとカップヌードルの歴史」伝説の開発者、安藤百福の人生  「これだ」
毅はすぐさま、そう確信した。

 即席麺、つまりインスタント食品は、まさに時代にマッチしていた。
 日本は高度経済成長期に入っていき、仕事に時間はとられるが、金はあるという者が増えていた。

 即席麺は当時、安いという訳ではなかったが、お湯をかけるだけという手軽さは、まさに時代が求めていたものであった。

 しかし当時業界には、「あんなもの、ただの流行りものではないか」という風潮があった。
意を決して、毅が家族に「即席麺事業を始めようと思う」と話した時、家族の誰もが孟反対したという。

 しかし毅の決意は固かった。
何より彼には、周りがなんと言おうと、自分の道を貫かんとする反骨精神もあった。

ベロメーターの女

 毅が、柴崎家の長女、喜代子(きよこ)と見合い結婚したのは、1958年の事だった。
 井田家と同じく、造り酒屋の名家であった柴崎家で厳しくされた喜代子は、家事全般に堪能であったが、特に料理に関しては確かな腕を持っていた。
舌の感覚にも優れ、味見をするだけで、足りないもの、余分なものを理解出来た。

 そして、ほぼ年がら年中休みなく、駆けずり回りながら、社員達をしょっちゅう怒鳴る夫を目の当たりにして、喜代子は「とんでもないとこに嫁にきてしまった」と思ったという。

 後に関係者から『ベロメーター』と称えられる事になる、喜代子の舌は、おいしい即席麺作りにおいて、大いに毅の助けとなった。

麺作り。スープ作り

 即席麺に参入する企業の増加と、その市場拡大と共に、即席麺に対する、毅の家族の態度も徐々に軟化していった。
 そして1960年頃、ついに文夫の許しを得て、毅は即席麺事業に着手し始める。

 しかしもちろん、最初はなかなか上手くいかなかった。
上手く麺を作れなかった。
 しかし工場長の森田が、とにかく考えられる限りの製法を試しに試し、やがてついに、納得いくような麺を作る事に成功する。

 一方、即席麺に欠かせない、味付けのスープ作りを担当したのは喜代子だった。
1960年に長女を出産したばかりの彼女は、赤ちゃんを背負いながら、自宅の台所で、ひたすらに美味しいスープを研究した。
 もちろん味見に関しては、毅も協力した。

 やがて、ついに、市場で勝負出来るくらいの試作品が、台所にて完成したのだった。

3つの海を跨ぐ企業

 毅はもちろん、完成した試作品の量産化を試み、本社工場内に、即席麺ラインを用意した。
 そして、本格的な新業務参入に伴い、富士乾麺という社名も、『サンヨー食品株式会社』へと変えたのだった。

 サンヨーという名前は「三洋」。
つまり太平洋、大西洋、インド洋の3つのの事。
それらの海を股にかけるような、そんな大きな会社を目指そうという、毅の思いが込められた社名であった。

 また、この頃に、毅の弟である信夫(のぶお)も事業に参加。
彼は特に、営業として、兄と共にサンヨーを支える事になった。

 サンヨー食品。
即席麺第一弾は、社名からとった『サンヨーラーメン』であった。

サンヨー食品大躍進

大企業への道

 しかし当時、即席麺で成功していた会社は、どれも大々的にテレビCMを行っている大手。
 せっかく即席麺が出来たのに、営業はなかなか上手くいかなかった。

 「美味しいから、テレビCMやってくれたなら、うちに置く」
そう言う取引先が多かったが、サンヨーにはCMなど作れるほどの金はなかった。

 そこで、サンヨーは、大手メーカーの下請けという形で、商売を進める事にした。
そして、缶詰をメインとした日魯漁業(にちろりょぎょう)という企業の提携先となれたサンヨーは、『あけぼのラーメン』というのを売り出す。

 しかしさすがに大手といえども、即席麺事業は後発。
最初こそ注文がそれなりにあったが、すぐに売上は落ちていった。

 そして毅は、なんとか状況を打破しようと、次に明星食品へと、サンヨーを売り込もうとした。
 しかしこの時、明星食品は、サンヨーを下請けにしなかった。
明星食品の社長は、毅にこう言ったという。
 「即席麺をこれからやってくなら、いっそ自分達で売るのがよいのではないでしょうか」

 毅は、ハンマーで頭を殴られたような気分だった。
そうだ、自分は勘違いしていた。
下請けじゃ駄目だ。
自分達はサンヨーだ。
下請けなんかじゃ、なれない。
サンヨーは世界の海を跨ぐような会社になるんだ。

ピヨピヨラーメン

 当時の即席麺市場には1000社ほどが参加していた。
しかし市場全体において、チキンラーメンの日清、エースコックラーメンのエース食品、明星ラーメンの明星食品の3社が、半分以上を独占しているような状況だったという。

 即席麺の流行りは、1962年に、明星食品が市場に投げた、味付け粉末という見事なアイデアによって、さらに勢いを増していた。

 そうした状況の中で、サンヨーが最初に出した自社ブランドの即席麺は、子供をターゲットとした『ピヨピヨラーメン』というものであった。

テレビCMによる宣伝

 「テレビCMやってるなら取引する」
かつて取引先に、そういう風に言われていた事を毅は忘れていなかった。

 とにかくテレビCMしかないと、しっかりと自覚していた。

 商品の味には自信がある。
値段も、30~35円(今で言う500円くらい)が主流な中で、20円と、安く設定した。

 後は世間に、その存在を知ってもらうだけ。

 CMにかける金はかつてないと思った。
それは失敗した場合を想定していた為であった。
 毅は、さすがに悩んだが、しかし、社の未来を賭けて、最終的にはテレビCMによる宣伝を決意した。

ピヨピヨラーメン食べてみな

 ピヨピヨラーメン販売から2ヶ月。
1963年9月1日。
「ピヨピヨラーメン食べてみな」というフレーズがインパクト大のCMが、ついにお茶の間に流れる事になった。
 CMが流れたのは、関東と新潟のみ。
 その効果は絶大であった。

 「ピヨピヨラーメン食べてみな」というフレーズは、CMを見た子供達の心を見事に捉え、認知度は一気に高まっていったのである。

 中小企業でCMまで行った即席麺企業はサンヨーが初だったので、それはまた業界でも、インパクト大だった。

長崎タンメン

 ピヨピヨラーメンは見事に成功したが、それで満足して終わるような毅ではない。
今やサンヨーの他の社員達も同じ思いであった。

 ピヨピヨラーメンは、つまりヒヨコラーメン。
安いチキンラーメンにすぎない。
二番煎じにすぎない。
 
 毅は、目指すべきものをすぐに決めた。
それは新たな味付けのラーメンである。
当時、即席麺というのは、当たり前のように、みんな醤油味だったのである。

 再び毅は、喜代子と共に台所にこもった。

 そして1964年。
サンヨーは新作即席麺の『長崎タンメン』の販売を開始。
これは即席麺史上初の、塩味のラーメンであった。

幻のラーメン

 ピヨピヨラーメンの成功を踏まえた、大規模な宣伝もあって、長崎タンメンは飛ぶように売れた。
 売れすぎて生産が間に合わず、『幻のラーメン』と称されるほどだったという。

 長崎タンメンの大成功は、すぐにサンヨー食品を、業界4位にまで押し上げた。
もう日清、エース、明星の三大大手の首にまで、刃をつき当てたような状況であった。

 長崎タンメンで、サンヨーはそのブランドを関西にまで広め、関東では、最大シェアにまでなっていった。

サッポロ一番の時代

最強の即席麺シリーズの誕生

 長崎タンメンの成功で、その格を大にしたサンヨー。
しかし塩味の即席麺もよいが、やはり即席麺と言えば醤油ラーメン。

 毅は、今一度、醤油味の即席麺の制作を決意。

 全国のラーメンを食べ歩きしてきた毅は、北海道は札幌ラーメンに目をつけた。

 そうして、サンヨー食品を世界のサンヨーへと変えていく事になる『サッポロ一番』シリーズの第一弾、醤油味は生まれた。

 「二番煎じは絶対にやってはいけない」
とは毅の口癖であった。
その通り、まさしくサッポロ一番は、二番煎じなどでなく、真の一番を目指したものであった。

サンヨーを支えた女性達

 1966年1月10日。
『サッポロ一番しょうゆ味』は販売された。
実は当初は期待よりもずっと売れなかったが、東京に広まりつつあったスーパーへの営業を集中的に行い、商品を並べさせると、売上は急増。

 長崎タンメンに続く大ヒットで、工場の規模も拡大。
製造部長の森田が、労働戦力として目をつけたのは、東京に比べれば、まだまだ社会進出の出来ていなかった、群馬の女性達であった。

 安定した仕事を求めていた女性は多く、サンヨー食品の現場を支えた女性達は、またサンヨー食品のおかげで、家族を助ける事が出来た。
 後に喜代子に、「サンヨーのおかげで、子供を大学に行かせてあげられた」という、感謝の手紙を送った女性もいたという。

最高傑作、美味すぎる、みそラーメン

 サッポロ一番を真の一番とするべく、サンヨーがとった方法は、やはり、新たな味であった。

 当時、既にみそ味の即席麺はあったが、人気のものはなかった。

 そこで、例によって毅は、喜代子と共に、絶対においしい、みそ味を模索。
かつてのように台所ではなく、開発室での開発であったが、最終的な味の裁量を任されたのは、喜代子であった。
 
 そして1968年9月。
『サッポロ一番みそラーメン』は販売された。
それは、ベロメーターとまで言われた、素晴らしい味覚を持つ喜代子にして、「最高傑作」と言わしめた、まさしく一番のラーメンであった。

塩ラーメンとカップスター

 1971年にはさらに、『サッポロ一番塩ラーメン』が発売。
これにより、サンヨーはついに業界トップの座に躍り出る事になる。

 しかしこの頃、日清から、ひとつの新商品を出した。
そう、カップヌードルである。
それはまさに革命で、凄まじい勢いで市場を荒らし回り、再びサンヨーは日清にトップを奪われる事となった。

 まあこれは仕方ないだろう。

 サンヨーはわりと慎重な方だったが、結局時代の波に逆らえず、1975年に、カップ麺商品の『カップスター』の販売を開始した。
 そしてこの1975年という年は、文夫が亡くなった年でもあった。

サッポロ一番と私

 最高の即席麺として、サッポロ一番という商品を愛する者は、今や世界中にいる。

 ここで白状させてもらうと、僕自身はかつてラーメンがあまり好きではなかった。
いつ頃かは覚えてない。
ただ小さい頃から、ラーメンはあまり美味しくないという認識であった。

 しかし家族はみんなラーメン好きだし、特に兄が日頃から、そこらの店のラーメンより美味いと、褒め称えていた即席麺こそ、サッポロ一番みそラーメンであった。

 いつ頃か忘れたけど、ある程度大きくなり、かつては嫌いだったいくつかの食べ物も食べるようになった僕は、ある日、「そんなに美味いなら」とサッポロ一番みそラーメンを食べてみたのだった。

 それから僕は、ラーメンが嫌いでなくなったのである。

 ちなみに、個人的には塩ラーメン派です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA