ロック鳥。ビッグバード。鳳凰「巨鳥。怪鳥の未確認動物」

サンダーバード

ロック鳥。実在した飛べない鳥との関係

エピオルニスの卵

 1848年のこと。
アフリカ南部の東沖に横たわる、マダガスカル島に向けて出航した、フランスの軍艦の船医ジョリフは、日記にこう書いた。
「友人の商人デュマレルから聞いた話。
少し前、島の北西部にあるレバン港近くのジャングルで、とても大きな卵の殻を発見したという。
卵は、ワインのボトルが13本ほども入るほどの大きさ。
こういう巨大な卵は稀にしか見つからない。
そしてその卵を産む巨大な鳥に関しては、さらに珍しいらしい」

 時期を考えると、デュマレルが発見したという卵は、おそらくは1800年代に絶滅したとされている、巨大な鳥エピオルニスのものであろう。
エピオルニスは、ダチョウに似た飛べない鳥で、最大のものは高さ3.5mにもなったとされる。
その卵も、直径35cmほどと、かなり大きかった。
風切り羽「鳥類」絶滅しなかった恐竜の進化、大空への適応

アラビアンナイト的幻獣

 マダガスカル島の巨大な鳥、ロック鳥の話は、ヨーロッパよりも先に、アラビアの方に伝わった。

 ロック鳥は、途方もなく大きく、力の強い鳥で、もちろん普通に空も飛べる。
それどころか、ゾウを掴みながらでも、簡単に飛べるとされる。
水浴びする像「象」草原のアフリカゾウ、森のアジアゾウ。最大級の動物 翼を広げると昼でも暗くなるとか、巨大な木に巣を作るとか、怒るとウシをもひと蹴りで殺すなどと伝えられている。

 昔、この島にやってきた、アラビアの探検家達が見たものは、おそらくエピオルニスだった。
この巨大な鳥の話の話が、人づてに伝わっていくうちに、巨大なロック鳥の伝説が生まれたのだろうと考えられている。

羽はバショウの葉か

 13世紀頃。
ヨーロッパに、ロック鳥の話を広めたのは、マルコ・ポーロとされる。
 1294年。
彼が立ち寄った島は、マガスタル島だったという話もあるが、記録にどう書かれてようと、彼が立ち寄った島はマダガスカル島だったと思われる。

 もちろん彼は、巨大な鳥を自分の目で見たわけではない。
住民から、そういうふうな鳥の話を聞いただけである。
ただし彼は、その鳥のものらしい1m以上のサイズの羽を入手している。
しかし後に、それは乾燥させたバショウの葉ということが判明した。

マダガスカル島の動物でない象

 ロック鳥がマダガスカルの鳥だとすると、明らかにおかしな事のひとつとして、マダガスカル島には象が生息していない事が挙げられよう。
そもそも、このような空飛ぶ巨大な鳥が、ひとつの島のみを生息域としているというのも、なんだか妙な話に思えなくもない。

 これに関してはこういう話もある。
ロック鳥は、自身の住んでいる島のみでは、餌をまかないきれないので、インドやアフリカまで飛んできて、大型動物をさらうのだという。
ちなみにロック鳥は、巨大動物を掴んで、空高く舞い上がり、落とすことで、その動物を殺すのだとされる。
蹴るのは、怒った時だけなのだろうか?

サンダーバード。ビッグバード。新世界の巨鳥

巨大な猛禽類か、翼竜か

 北米にも古くから先住民達に、巨大な鳥サンダーバードの伝説が伝承されてきた。
また、そのサンダーバードと同一なのか、もしくは似たような種なのか、あるいはサンダーバードをも含む大きな分類なのかは、よくわからないが、ビッグバードというのも伝えられている。
 ビッグバードは、翼開長が3m〜10mほどの巨大な鳥で、アラスカ州、アリゾナ州、ニュージャージー州などに生息している、という噂がある。
外見は、猛禽類のようだと言われる事もあれば、翼竜のようだとされたりもする。
猛禽類「猛禽類」最大の鳥たちの種類、生態、人間文化との関わり 翼竜は、恐竜と共に絶滅したはずの、空飛ぶ爬虫類である。
恐竜「恐竜」中生代の大爬虫類の種類、定義の説明。陸上最強、最大の生物。 翼竜「翼竜」種類、飛行能力、進化史。恐竜との違いはどのくらいか

アルゲンタヴィスとサンダーバード伝説

 サンダーバードは雷を引き起こすという巨大な鳥。

 一つの説として、アメリカ大陸には古くから様々な巨大鳥が存在し、それらの話が長い時間かけて、語りつがれる間に統合され、ひとつの怪鳥を生み出したというものがある。
 絶滅したという、巨大コンドルのアルゲンタヴィスや、テアトルニスコンドルなどが、現在も生き残っているという説もある。

ビッグバードの目撃証言いくつか

 1865年。
アリゾナ州トゥームストーンで、10mくらいのビッグバードが、撃ち落とされたという。
しかし伝えられるその外見は、鳥というよりも翼竜に近かったと言われる事もある。

 1977年。
イリノイ州ローンディールで、10歳の少年が3mほどのビッグバードに掴まれて、さらわれそうになった。

 2002年10月には、アラスカ州南西部で、4mほどのビッグバードが出現。
数週間にわたり、数箇所で目撃されたという。
その外見は猛禽類のようだったらしい

鵬。魚が変身した巨鳥

西遊記や封神演義にも登場

 鵬(ホウ)という巨大な鳥は、あまりにも巨大なために、翼を広げると、太陽の光を遮ってしまうと伝えられる。
この鳥は遥か古代から存在していたらしく、かなり神的な性質を帯びているとされる。

 鵬は、伝説によると、北方の海に生息する、鯤(こん)という魚の変身した姿らしい。
「魚類」進化合戦を勝ち抜いた脊椎動物の始祖様 天を覆うほどに、とてつもなく大きいという。
 西遊記や封神演義でも記述が見られ、特に西遊記では、鵬の魔王は、1回羽ばたけば、9万里(1200kmほど)飛ぶことができるとしている。
仙人界原作「封神演義」全訳本、安納版、漫画版の比較しながらの感想

巨大すぎる糞と羽

 鵬は、その空飛ぶ巨体から落とされる、糞や羽が、家や人をつぶしてしまう事もあり、大変危険だという。

 1702年の春のこと。
広東省、海南島の海近くのとある村で、突然、鵬が上空に現れたとされる。
まさに夜のようになり、人々は逃げ惑い、大雨が降った。
 そして翌日き、人々が避難先から村に帰ると、家という家が、巨大な糞や羽によって破壊されていた。
糞から漂ってきたのか、非常に魚臭かったそうである。
また、羽の色は黒かったという

 それと、古くは、日食は鵬のせいにされていたとらしい。

鳳凰。鳥の王

鵬との違い

 鵬と関係あるのか、いまいちよくわからないのが鳳凰であろう。
昔、鳥類は360種と考えられていて。その360種の長たる神鳥と伝えられている。

 鳳凰というのは一羽の鳥のことではなく、鳳というオス鳥、凰というメス鳥をセットとした呼び名らしい。
もともとは単に鳳だったらしい。

 鵬も鳳凰も、伝説上の存在ということに変わりはないだろうが 、どちらかと言うと鳳凰の方が神とかに近いイメージである。

朱雀との関係

 中国にて、四つの方角などを象徴する四神動物のひとつとして、白虎、青龍、玄武と共に数えられていた時期もあるようである。
しかし、やがて鳳凰は抜けて、朱雀が代わりになった。

 この朱雀という鳥もわりと謎で、鳳凰と同一種だという説もあれば、単に神格のある鳥をこう呼ぶという説もある。

 いずれにせよ鳳凰は、古くは風の神として祀られていたようだが、時代が下ると、どういう訳だか火の精と考えられるようになっていったらしい。
もしかすると朱雀は、火を司る存在としての鳳凰の呼び名なのかもしれない。

美しい歌声。水と竹の実だけの暮らし

 よく歌う鳥で、その声自体も楽器の音色のように美しかったらしい。
雌雄で互いに違う音を出し、調和させ、素晴らしい音楽を生んだと言われる。
 外見については、頭がニワトリ、顎がツバメ、首がヘビ、背中がカメ、尾が魚、そして翼は5色に輝いていたという話もある。
神聖な文字が模様として浮きでていたとも伝えられる。

 いずれにしても、その大きさはせいぜい2〜3m前後くらいで、この点に関しては、鵬に比べて圧倒的に小さい。
 鳳凰はまた、冷たい泉の水しか飲まず、竹の実しか食べないとされる。
 めでたいことがあると現れるとされ、立派な王が誕生した時に目撃されるとも言われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA