「河童は実在の生物か」UMAとしてのカッパ、妖怪としての伝承。その正体

カッパの手

カッパは妖怪か、単に未確認の動物か

 一般的には、架空の生物、妖怪として扱われるカッパだが、真面目に、未確認動物として考察される事もよくある。
古くから日本のあちこちで、目撃例も多い。

 体長は1〜2メートルくらいで、 顔は、トラかカエルに似ているが、クチバシがある。
皮膚はヌルヌルしていて、背中と腹部にカメの甲羅のようなものがある。

 妖怪らしい、いかにもな特徴もある。
頭頂部には皿があって、これが濡れている間は怪力なのに、乾いてしまったら無力になってしまうらしい。
おそらく知能があり、人間を襲うこともあれば助けることもある。
キュウリを好んで食し、さらに、相撲をするのが好きだという。

カッパの伝説

中国から日本へ。妖怪から神の使いへ

 日本書紀にはすでに、河伯かはくという名で記載されているというカッパは、中国からやってきたという伝説がある。

 とう(618~907)の時代。
もともとカッパの一族は、黄河の上流に住んでいた。
しかしある日、移住を決意した彼らは、黄河を下り、日本海に出て、九州の大河、球磨川に住み着くようになった。

 それから日本で河童の一族は大いに反映し、その数は1万近くにも増えた。
しかし人間へのイタズラが、数が増えることで、大きな問題になってきた。

 ところで、カッパの天敵といえば、サルだったらしい。
そこで、肥後ひご(熊本県)の領主、加藤清正かとうきよまさは、九州中のサルを集め、軍を結成した。
チンパンジーの足跡「チンパンジー」人間との比較、ニホンザルとの比較。どこに違いがあるか  それからサルたちの攻撃に、カッパは、あっさり降参。
カッパは、活火山として有名な阿蘇山あそさんを水源とする、筑後川ちくごがわに移り住み、そのうちに、水天宮すいてんぐうの使いになったらしい。
火山噴火「火山とは何か」噴火の仕組み。恐ろしき水蒸気爆発  妖怪というより、神にお仕えするものとなったわけである。

カッパは水中では消えるか

 カッパは水中生活に適応した生物であるというのに、水中で目撃されたという話があまりない。
カッパが目撃されるのは、もっぱら、陸上に上がってきた時である。

 その事に関しては、我々が陸上の生物だからと納得するのは容易い。
ただ別に、カッパの体か骨は水中では見えなくなるのだ、という説もある。(コラム)

(コラム)カッパは忍者か

 あるいはカッパは、水遁を体得しているのかもしれない。
ひょっとしてカッパは、忍者の奇妙な格好を見間違えたものか。
水遁の術忍法の一覧「忍者達の超能力」

カッパの両手、甲羅。両生類か、海猿か

 カッパの両腕は繋がっているという話がある。
まったく奇妙に思えるが、右手を引っ張ると、伸びて、その分、左手が縮んだりするわけである。

 甲羅のないカッパは、毛深くて、どうも古い時代のカッパらしい。
言い伝えが古いのか、カッパは進化したのか。
もしかしたら、カッパと呼ばれる複数種が存在してるのであろう。
進化の分かれ道「進化論」創造論を最も矛盾させた生物学理論  実のところ、もともとカッパは、水生のサルのように、人々から認識されていたらしい。
しかし、江戸時代に、両生類的な要素が加えられ、典型的なカッパのイメージとなったのだという。
両生類の手「両生類」最初に陸上進出した脊椎動物。我らの祖先(?)  明治以降、実際に人々から目撃されてきたカッパは、基本的に人間に似た、つまりは猿のような生物である。
本来のカッパは、霊長類的な生物なのかもしれない。

魂を与えられた99体の人形

 先に紹介した、中国からの渡来話以外にも、カッパの起源に関しては諸説ある。
特に、カッパはもともと人形であったという話があり、これは興味深い。

 昔、奈良県の三笠山みかさやまに春日神社が建てられた時、建設を手伝わせるために、魂を吹き入れられた、99体の人形がいたという。

 神社が完成した後、用済みとなった人形は、全て川に捨てられた。
しかし宿った命だけはそのまま残っていて、彼らはそのまま、カッパとなった。

 カッパの左右の手が繋がっているのは、元となった人形の手が、胴体に一本のわらを通して作ったものであったから。
命を持ってからも、その特徴がそのまま残ったものらしい。

実際にあったカッパ事件

 1984年8月1日に、長崎県の下県郡厳原町しもあのたぐんいづはらまちで起きた事例は、代表的なカッパ事件として、よく知られている。

 イカ釣りに出かけていた男性が、午後11時半頃に船を下りて、帰宅するために自動車に乗ろうとした時、近くの川で遊んでいる様子の子供たちに気づいた。
こんな遅い時間に妙だな、と考えた彼は、近づいて見てみる事にした。

 月明かりに照らされた、その子供らの容貌は、かなり異様であったという。
その肌は青黒く、ぬめっとしていて、手足がかなり細い。
そして、男性が声をかけようとしたところ、彼らは次々と川に飛び込み、姿を消してしまった。

 翌日に、現場をもう一度訪れてみた彼は、いくつもの奇妙な足跡を発見する。
それらの大きさは、22cm✕12cmくらいで、オタマジャクシの形だった。

 連続する足跡は、船着場から、久田川沿いの草むらまで続いていた。
それはまるで、水中から現れた何者かが、再び水中へと消えたことを物語っていた。
また、足跡からは、粘着性の物質が採取されたが、分析に失敗してしまって、足跡の主については、わからずじまいであったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA