モラーグ、リーンモンスター他「ブリテン諸島の湖の怪物達」

プレシオサウルス?

ブリテンの水生モンスター

 ブリテン諸島(イギリスとアイルランドの島々)。
特にスコットランドとアイルランドの湖は、典型的な未確認水生獣。
あるいは怪物の宝庫である。
 古より語り継がれるドラゴン伝説などの影響もあるのかもしれない。
ドラゴン「西洋のドラゴン」生態。起源。代表種の一覧。最強の幻獣

モラーグ。モラー湖の怪物

湖の精霊

 スコットランド、モラー湖の怪物モラーグが、人々に目撃されだしたのは19世紀半ばからだとされているが、その名が有名になったのは1930年代くらいからだという。
1930年代と言えば、同じくスコットランドのネス湖のネッシーが話題となった時期なので、間違いなくその影響はある。
ネッシー「ネス湖のネッシー」愛されしスコットランドの怪物の正体  ちなみにネス湖とモラー湖は100キロくらいの距離。
最大水深は300m以上。
イギリスで最も底が深い湖でもあるモラー湖は、岩壁に囲まれた湖で、泥で濁ったネス湖とは違い、水は綺麗に澄んでいるという。

 また、例によって、そもそもモラー湖には古くから怪獣の伝承があるという話もある。
モラーグという名は、湖に住む精霊の名前らしい。

 多くの目撃証言から、この怪物も、ネッシーのようなプレシオサウルス的な生物だと思われる。
プレシオサウルス「首長竜」恐竜時代の海の覇者。種類、進化、化石の研究記録 しかし興味深い事に、「湖から陸に上がってきた」とか、「陸から湖に飛び込んだ」とかいった、陸での目撃証言が(ネッシーに比べたら)多いとされる。

謎の声、何かが確かにいる

 1893年の夏のある日の朝。
ウエスタン・アイルズに住むウーイン・マクミランが、湖の水面に謎の黒い影が映っている、あるいは黒い物体を目撃。
薄気味悪い声のような音も聞こえてきて、気味悪くなったマクミランは、慌てて逃げたという。
 特に初期の目撃証言には、このケースのように、謎の声を伴う場合が多いとされる。

 1931年。
 後の1964年に、グレンデボン卿という貴族階級を授与される事になる政治家のジョン・ホープは、モラーグを直接目撃はしなかった。
しかし彼は、モラー湖には未知の巨大生物がいる事を思わせる、興味深い体験をしている。
 9月のある日。
 彼は、兄弟や友人、それに地元のガイドと共に、モラー湖にボートを出した。
モラー湖の特に深いエリアで釣りを楽しむ為である。
 しかしホープがトラウトロッド(マス釣りに最適な釣竿)でマス釣りをしていた時、何かが彼の釣糸をつかみ、素早くそれを真下へと引っ張った。
そして数秒後には、糸は全て、それを引っ張る何かと共に消え去った。

 陸で目撃されだしたのは1930年代以降とされている。
この頃の典型的なモラーグのイメージは、プレシオサウルスでなく、竜脚形類の恐竜だったのかもしれない。
恐竜「恐竜」中生代の大爬虫類の種類、定義の説明。陸上最強、最大の生物。  水しぶきを上げていたとか、よりもでかかったとかいう証言があるという。
象か?
水浴びする像「象」草原のアフリカゾウ、森のアジアゾウ。最大級の動物

ウエスタン・アイルズ

 アウター・ヘブリディーズ (Outer Hebrides)とも。
ウエスタン・アイルズ(西の島々)という名前通り、スコットランドの西側の諸島。
スコットランドに32存在する地方行政区画のひとつ。

姿を見せる怪物

 1969年の目撃のいくつかは重要とされやすい。
7月20日。
小舟に乗っていたジョン・マクバリッシュは黒い首を1.5mほど水上に出したまま泳ぐ巨大生物を目撃。
10分ほどで、怪物は水中に消えたという。
怪物と最も近づいていた時の距離は270mくらいだったらしい。
 
 同年8月16日には、漁をしていたウィリアム・シンプソンとダンカン・マクドネルが、首の長さが1.5mくらいで、胴体の長さが15m~20mほどもあったという怪物と遭遇。
 怪物の背中にはいくつかコブがあり、水上には突然現れたという。
しかも姿を見せるや、怪物は二人の船を襲撃。
散弾銃を食らわせてやると、怪物は去ったという。
 モラーグにはコブがあるという目撃証言は、初期の頃からあるらしい。
なのでシンプソンとマクドネルが遭遇したのは典型的なモラーグに思える。
しかしでかすぎやしないだろうか?

リーン湖のリーンモンスター

 アイルランド、ケリー州、キラーニーには、リーン湖、マックロス湖、アッパー湖の3つの湖がある。
その中で最大のリーン湖に生息するとされる怪物が、(そのま)リーンモンスターである。
 プレシオサウルス型で、2本の角があったという話もある。
 1981年8月にパット・ケリーという人に写真をとられているが、胴体がかなり長めに見える。

アーカイグ湖とオイホ湖の怪物

 アーカイグ湖はネス湖とモラー湖の間に位置する湖である。
もちろん当たり前のように怪物の目撃例がある。
 それによると、この怪物は長い首に、広い体、それに4つのヒレを持ち、かなり典型的にプレシオサウルスである。

 アーカイグ湖の怪物は、ネス湖のネッシーと同種だと考える研究者は多く、これらの湖は繋がっているという可能性もよく示唆される。
別に水で繋がってなくとも、ネッシーには陸上で移動していたという目撃証言もあるので、問題はあまりないとも言われる。

 またオイホ湖という小さな湖の怪物もネッシーと同種らしい。

マリー湖のムク・シェイルチェ

 muc-sheilche(ムク・シェイルチェ)は、スコットランド、マリー湖に生息するらしい怪物。
 ネッシーやモラーグとは違い、オオウミヘビというイメージのようである。
 1850年代の頃に、バンクスという人が、怪物を殺してやろうと湖に毒を撒いたが、効果はなかったという。

 バンクス氏が妄想壁のある危険人物であったのか、この湖の怪物が毒を使わせるほどに恐ろしい存在とされていたのかは謎である。

シール湖のシーラー

 スコットランドで4番目に長い湖らしいシール湖の怪物シーラーは、20mほどの長さで、3つのコブを持つという。
 古い記録は1870年代に遡るという。
クリル・ディックホフという司祭が聞き継ぎ、1970年までに書いた記録には、船に乗った複数人が、謎の生物が水面を破裂させるのを目撃した、とあるらしい。

 1997年には、4体の怪物が目撃されたという話もあるようである。
複数人の目撃はよくある事だが、複数体の目撃はけっこう珍しい。

ローモンド湖の怪物

 ローモンド湖は面積がスコットランドでも最大級、体積もネス湖に次ぐくらいに巨大な湖である。
地元住民の目撃例は、数世紀も前からあるが、全体的にはこの怪物が目撃される事は珍しいようである。

 この怪物を信じる者の中には、この怪物が先史時代の生物の生き残りであり、スコットランド中の湖にいるのだという意見もあるという。

 この怪物について特筆すべきは、その外見である。
湖の怪物としては珍しく、プレシオサウルスでもオオウミヘビでもなく、ワニのような生物らしい。

 1997年の複数人による目撃によると、4mくらいのワニのような生物であったという。
アヒルをむさぼり食っていたとの事。

 単に、でかいワニなのではないだろうか?

マックロス湖のマッキー

 マックロス湖の怪物には、「湖の怪物」系の未確認生物としては珍しく、古くからの民間伝承などがない。
マッキーは、おそらくはネッシーなどの影響より、考えられるようになった怪物である。
名前はまさにその影響を見受けられよう。
もちろん目撃者の証言的には、この生物もプレシオサウルス型らしい。

 2003年に科学者のチームが、ソナーを用いたスキャンで、この湖の魚の個体数を調べようとした。
すると巨大生物らしき何かがスキャンされ、科学者チームは、怪物の存在を確信したという。

リー湖の怪物

 アイルランドのほぼ中央のリー湖の怪物は、司祭達による複数目撃例がある事が有名な未確認生物である。
 1960年の5月18日。
ダブリンから来た3人の司祭がこの湖で釣りをしていた時、ボートからわずか1mほどの距離で、水中を出入りする巨大なヘビのような生物を目撃。
 怪物は水上に出ていた部位だけで、2mくらいあったという。

 気になるのが、司祭達の目撃より2ヶ月ほど前に、馬みたいな謎の生物が、湖に消え去るのが目撃されているらしい事。
 怪物と何らかの関係があるのだろうか?

ナフーイン湖の怪物

 アイルランド、ゴールウェイのナフーイン湖の怪物は、巨大なウナギのようだという。
しかしウナギにはないふたつのコブを背中に持ち、頭部はチョウザメに似てるという。
 1968年のこの怪物を目撃したスティーヴン・コイン一家は、この怪物のサイズは4mくらいだったと述べている。
首が長く、頭部がヤカンのような形で、クジラのようなヒレを持っていたという。
思い込みから、ややプレシオサウルス型に寄せられてしまった可能性はある。
ただし、この目撃は一家7人による複数目撃である。

イーチー

 Eachy(イーチー)は、イングランド北部とスコットランドのいくつかの湖が生息域らしい怪物。
特にイングランドのBassenthwaite(ベセンスウェイト)湖とWindermere(ウィンダーメレ)という2つの湖でよく見かけられるという。

 イーチーの最初の目撃報告は1873年とされる。
初期の頃の目撃証言として多いのが、この生物は人型であったというもの。
 しかしネッシー以降、プレシオサウルス型が有名になってからは、人型として報告されるケースはまれになったという。
 他に3つの首を持ってたとかいう話もある。
 以上の怪物イメージの不一致性は、この生物の多くの目撃証言は信用できないか、1種の生物のみが目撃されてるのではない事を示していると思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA