シーサーペントの目撃談。正体。クラーケンの能力『海の二大怪物』

海の怪物

海の怪物

 15世紀頃。
エンリケ航海王子などが、始めた航海事業は、やがて新天地を求めた船乗り達の時代、『大航海時代』へと発展していった。
エンリケの羅針盤「エンリケ航海王子」世界史における、大航海時代を始めたポルトガルの王子  地球が丸い事を知る者はとっくにいた。
海を果てしなく行けば、そこに巨大な奈落へ落ちてゆく果てなどないだろう事も、知る人は知っていたろう。
それでも、海洋はまだまだ、果てしなく広がっていくようか世界だった。

 その海に出て、遠くまで旅し帰ってきた者達は、旅先で多くの未知を体験した。
もちろんたいていが妄想か、大ボラであろう。
美しく歌う意味の精霊達。
髑髏の海賊達が操る幽霊船。
沈没船「幽霊船」実話か、幻覚か。ありえない発見、海の異世界の記録 そして海の怪物。

 『シーサーペント(大海蛇)』と『クラーケン(巨大イカ、あるいはタコ)』は、そういう伝説的な海の怪物と、代表的存在である。

 ちなみに海の怪物の伝説自体は、聖書などにまで遡るとされている。
ユダヤの寺院「ユダヤ教」旧約聖書とは何か?神とは何か?ドラゴン「西洋のドラゴン」生態。起源。代表種の一覧。最強の幻獣 聖書に限らず、神話においては、海の怪物が登場するのはそんなに珍しくはないという。
 また、古代ギリシャのアリストテレスや、ローマのプリニウスなども、巨大なウミヘビの記録を残しているという。
アメリカ先住民達の伝承にも、やたらと大海蛇、あるいは大水蛇の伝説は多い。
山の精霊「精霊の一覧」アメリカ先住民の宗教世界の住人達

シーサーペント

UMA(未確認生物)というより神話の生物

 海の悪魔とも称されるシーサーペントは、一種のみの生物ではない可能性もある。
しかし伝えられるスタンダードな情報から考えると、そもそもこいつは本当に我々が生物というような生物なのかがまず怪しい。

 スタンダードなシーサーペント像は以下のようなものである。
とりあえずでかいヘビ。
ヘビと餅「ヘビ」大嫌いとされる哀れな爬虫類の進化と生態 体色は褐色か、濃い緑色。
目が赤い。
先が尖った頭。
ノコギリ状の歯。
船などに巻きついて、壊し、船乗り達を吸うように丸飲みする。
おそらく毒を持つ。
水かきのついた足か、ヒレが確認される事も多い。
体をくねらせて泳ぎ、かなりの速度を出せる。
クジラのような潮を吹く事もある。
また、昆虫のような体節らしきものが確認される事もある。
虫取り網「昆虫」最強の生物。最初の飛行動物  最大の問題はやはり大きさ。
胴の長さが50m~2kmくらいあるという。
最小の場合の50mだとしても、かなりの化け物である。
驚くべきは、その胴の長さを変化させられるという話まで伝わっている事。
こうなると、もはや魔法生物である。

ウナギのような生物。リュウグウノツカイ?

 もっと時代が進んでくると、怪物の描写も、(あくまでも相対的にだが)ある程度現実味を帯びてくる。

 例えば1947年12月。
ニューヨークからコロンビアに向かう客船サンタ・クララ号が、謎の巨大生物と衝突し、瀕死の傷を負わせたと報告。
 体長は13m、直径は1mほど。
ウナギのような生物で、最後に目撃された時は、海上でもがきながら、没していったのだという。

 13mとは、200mとかに比べたらずいぶん現実的な数字である。
実際に、このくらいの大きさの大ウナギや大ウツボなら、いてもそんなに奇妙ではない。
 また胴長の大型深海魚であるリュウグウノツカイなども、よく怪物の正体候補とされる。

プレシオサウルス型か?ニューネッシーとは何だったのか?

 1915年7月。
北大西洋で、ドイツの潜水艦U-28の乗員達が、イギリス船イベリアン号を撃沈した際に、その船の爆発と共に、海上に吹き上げられた20mくらいのワニのような怪物を目撃している。
この怪物は、水かきのようなヒレがあるなど、どちらかというとネッシーのようなプレシオサウルス型に近いと考えられている。
ネッシー「ネス湖のネッシー」愛されしスコットランドの怪物の正体 プレシオサウルス「首長竜」恐竜時代の海の覇者。種類、進化、化石の研究記録  1977年4月には、日本のトロール船(トロール網というでかい網を使う漁を専門とする漁船)が、ニュージーランドのクライストチャーチ沖で、やはりプレシオサウルスのような生物の死骸を引き上げた。
この死骸は写真にも撮られ『ニューネッシー』などと騒がれたが、持ちかえられたサンプルを調べたところ、ほぼ確実にウバザメという結果が出たらしい。

(注釈)ウバザメ

 ウバザメはジンベエザメに次いで巨大なサメで、時に10m以上の個体も現れるという。
このウバザメは、骨の形状の関係上、死んで腐敗し、肉が削げ落ちると、(ニューネッシーがそうであったように)まるでプレシオサウルスのような姿となる。

 また生きて泳ぐウバザメも、普通に巨大かつ、ジンベエザメに比べればマイナーな事もあり、目撃者に怪物と思われやすいようである。
 そこでサメの研究者には、海の怪物の話は、たいていがウバザメで片づくと考える者もけっこう多いという。

ヘビでもプレシオサウルスでもなさそうなタイプ

 1964年5月。
アメリカ、マサチューセッツ州沖のナンタケット島近くで、ノルウェーの漁船ブルーシー号の乗員アルフ・ウィルヘムゼンとその兄たちが、100mくらい離れた海上を泳ぐ、20mくらいの怪物を目撃している。
 怪物は、ワニのような頭に、エビのような尾を持ち、背中には丸みのあるコブが確認出来たという。

 この目撃は信憑性が高いという声もあるが、怪物はまさに未知の怪物で、ヘビともプレシオサウルスとも、どこか違ってそうである。

その他の主な目撃

 1734年7月
18世紀の怪獣目撃談を集めた『グリーンランド博物誌』という本を書いたハンス・エゲデが、グリーンランド南西部にあるゴッドホープ沖合で、怪物を目撃したという。
 海面上に高く、首を突き出していたその怪物は、ウロコで体を覆われ、鼻先は長くとがっていたという。
また、ヒレ状の足をもち、下半身がヘビに似ていた。
それに潮を吹いたという。

 1746年8月
ドイツのローレンツ・フォン・フェリー艦長が、ノルウェーのモルデ沖で、頭部が馬に似たシーサーペントを目撃。
銃を発砲し、怪物に血を流させたという。

 1817年8月
アメリカ、マサチューセッツ州グロースター湾近くのアン岬で、女性ふたりが20mくらいの怪物を目撃。
頭部はウミガメに似ていたという。
さらにこの怪物はひと月くらいの間、集団パニックのごとく、100人以上に目撃されたという。

 1848年8月
東インドから帰還中だったイギリス海軍のフリゲート艦ディーダラス号の乗員達が、喜望峰とセントヘレナ島の中間くらいの海域で、茶褐色のシーサーペントを目撃。
海上に晒していた部分だけで20mくらいあったという。
特筆すべきは、口にギザギザの歯が見えたという証言であろう。

 1875年7月
イギリスの貨物船パウライン号が、アフリカ東部海岸のザンバジル港に向かって航行中、甲板にいた船員たちが、マッコウクジラに巻きつくシーサーペントを目撃。
格闘の末、マッコウクジラは息絶えたようで、海中に引きずり込まれていったという。

クラーケン

 ダイオウイカというイカは、巨大なものでは20mに迫るような場合もあるという。

 だが古い伝説にあるような、クラーケンは、ダイオウイカではほぼありえない。
クラーケンは、どうも、船や人を呼び寄せる能力を備えているらしいからである。
まるで魔女にでも操られてるようだ。

 また、巨大なその体は島と間違われた事も多々あるという。
そこから発生した伝説かは定かでないが、その体には草木が繁っているという話もある。

 香りを使って魚を呼び寄せるようで、クラーケン島の周りは、絶好の漁場であるという者もいる。
現在では、クラーケンと言えばタコやイカだと考えられるのが基本だが、かつてはクラゲやヒトデという説もあったらしい。
分身能力を身につけてるのかもしれない。
ヒトデの分身「ヒトデ」分身の術を会得した驚異の棘皮動物代表の生態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA